自分でやる電子錠の取り付け方(穴あけ加工なし編)

工事業者に頼まず自分で電子錠の取り付けをやってみたい。という方の参考になればと思います。

扉に穴を開けないで取り付けできる電子錠は、扉に穴は開けないで取り付けできるのですが、だから簡単かというとそうではないんですね。実は穴を開けて取り付ける方が全然簡単です。穴を開けるのはプレッシャーだと思いますが、それさえ終わってしまえばそこに線を通して本体を固定してしまえば8割がた終わりです。既存の錠ケースを利用して取り付けるものは、その隙間を縫って配線を通したり、シリンダーの取り付け部位を利用して本体を付けなければいけなくて、これが結構手こずったりします。そんな手こずる部分を説明しますので、これは面倒だなと思われたら鍵屋さんに初めから頼んでください。

まずは取付け可能かの調査

やはりまずモノを買う前に初めにやることは、その電子錠が自分の扉につくかどうかですね。既存の錠前を利用できるものには5種類ぐらいしかなく限られていますが、MIWA製のLAやLSPは集合住宅でもとても多いので取り付け可能なところは多いと思います。しかしMIWA製のLAだからOKではなく、それ以外の条件も確認しないといけません。扉と枠の関係だったり、戸先からシリンダーの中心までの長さだったり(バックセット)扉の厚みだったりですね。ここを見逃すとせっかく買った商品が無駄になってしまうこともあります。なので、そのあたりの事前調査は入念にやってください。

外側本体の取り付け作業

どのタイプも大変なところは一緒なので、今回は前に説明した新生デジタルのS-32をLAタイプに取り付ける際の説明にします。それでは取り付け作業をしていきましょう。

まず、今ついているシリンダー、サムターンを外します。LAでしたらフロントを外して4本のピンを抜きます。外したシリンダーにS-32の表側本体をかぶせてビス固定します。

ここまでは取り付け説明書を見ながらなんとかできると思います。問題は外側から内側に線を通すところですね。錠ケースの隙間を縫って線を扉内側に引き入れるのですが結構隙間が狭いので、ここは迷わず錠ケースを緩めましょう。そしてケース祖少し引き出して大きな隙間が出来たところから線を通します。大抵の扉はこれで反対側に線は抜けると思います。この時錠ケースの上を通す方が良いと思うのですがケースバイケースで錠ケース奥を通した方が良い場合はそうしてください。そしてイレギュラーな場合、錠ケースを緩めても線が通らない場合は少し削ったりしなければいけない時もあります。木の扉とかも隙間が少ない時があります。当然マンションとか扉の中が空洞な方がやりやすいですね。木の扉イコールではないですが、持ち家な可能性が高いので穴あけの選択の方が楽かもですね。

自分の家も木の扉でやはり隙間が狭くて削りました。自分は見た目が小さくてシンプルにしたかったので。基本シンプルイズベストなので、もう一つの扉には内側だけリモコン錠のリボーン2というLAの内側のみに取り付けてリモコンで操作できるようにするものにしました。とにかく閉め忘れを防止したいので。そう考えると勝手口もLAだったらよかったのにと思います。これが勝手口はそうじゃないタイプの鍵が多いんですよね。実際、勝手口の閉め忘れは多いんです。何か対策をしなければいけないと思います。勝手口には死角にもなる可能性が高い場所が多いですからね。

内側本体取り付け作業

線が通りましたら次は本体の裏板をサムターンの固定金具でピンを差し固定します。ここもピンが差しづらかったりいろいろですが、頑張って付けます。そしてコネクターを本体に差し、開きの左右をスイッチで切り替えます。もとは右開きになっていると思うので開きが左ならスイッチで変えてください。そして内側本体をビス固定したら、90%作業は完了です。センサーのマグネットの位置を確認して固定します。

内側はこのマグネットがネックです。枠につけるマグネットの位置と合わなければセンサーが反応してオートでしまってくれません。一軒家などは枠がゴムタイトと入り組んでてすんなり近くにつけられない時が結構あります。のでその場合はホームセンターなどに行きアングルの金具だったり自分でこんな金具があって両面テープで固定すればいけるんじゃなかろうか、という具合でよいので考えてみてください。そうしましたら、電池をセットして動作チェックをします。この時誤って閉め出されたりした日には目も当てられなく、鍵屋さんを呼ばなければいけない羽目になるので、扉を開いた状態で、オートを手動に替えてカードや暗証番号のテストをしてください。

まとめ

扉の作りなどを考えると、このタイプの商品はマンションとかの方がつけやすくなっていると考えた方が良いかもですね。そして自分でやることで幾らぐらい浮くかと言えば、2万円ぐらいから3万円というところでしょうか?

その辺りも考えてどうするか検討してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする