バレンタインチョコの人気!手作りか買うかどっち派?口コミ情報!③

季節のイベント

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買うを分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




バレンタインのチョコは手作り派?買う派?

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買い分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

バレンタインのチョコレートは、買うようにしています。

手作りをしたいところではありますが、やはり時間もないですし、最近はデパートのバレンタイン特設コーナーや、会場へ行きます。

美味しそうなチョコレートを眺めることが楽しくて仕方ありません。

人がどんなものを買っているか見るのも楽しいですし、新作を見るのも面白いです。

たくさん売られているので、毎回迷うのですが、毎度違うものを選んでは相手に喜んでもらっています。

購入する際のおすすめチョコは?

ここでは、バレンタインのチョコを購入する際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

チョコレートを購入するとしたら、GODIVAのチョコレートが一番おすすめです。

ほかのチョコレートもたしかに美味しいですし、さほど差はないかなぁと思っていましたが、GODIVAはぜんぜん違いました。

GODIVAの味の深み、甘さのちょうど良さ、ラッピングのゴージャスさはやはり一番おすすめしたくなるポイントだと思います。

渡したときの反応も、うわ、GODIVAだ!と、明らかに嬉しそうな言葉をもらえるので、こちらも嬉しくなります。

手作りチョコを送る際のおすすめは?

ここでは、バレンタインのチョコを手作りして送る際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

チョコレートを手作りするなら、ガーナの板チョコをおすすめしたいです。

いろいろな板チョコがあると思いますが、ガーナはCMでもよく見ますし、味がまず美味しいです。

チョコレートと、マシュマロをとかし、固める方法がわたしは好きなのです。

ガーナは甘すぎず、甘いマシュマロとまぜても、ちょうどよい味です。

ガーナの宣伝でも、バレンタインチョコレートを作ってる様子が流れることがありました。

それと同じように笑顔になれます。

チョコを渡す相手はどんな人?

ここでは、チョコを渡す相手はどんな人なのかについて触れてみたいと思います。

人によっては本命の人だけ。

または、学校や会社、仕事先やバイト先の人への義理チョコを渡す人もいることでしょう。

口コミ情報をもとに、チョコを渡す人についてまとめてみましょう。

チョコレートを渡す相手は、年齢によって変化しました。

学生のことは、同じクラスの好きな人だったり、憧れの先輩だったりしたことを覚えています。

社会人になると、同じフロアにいる同僚や、同期、上司たちに配ったり、先輩と合同で渡したりしました。

いまは夫がいるので、夫に必ず渡しています。

たまにバレンタインの時期に友人と遊ぶ用事があったら、せっかくなので渡すようにしています。

また、いまは小さいですが、これからは、子供にも渡すようになるのかなと予感もしています。

チョコを渡す人によってチョコを分けたりするの?

チョコの種類やレベル、そして値段はいろいろありますよね。

チョコを渡す人によって違いはあるのでしょうか。

また、渡す人によってチョコを分けたりするのでしょうか。

気になるこの点についてみてみましょう。チョコレートは、渡す相手によって選び方が変わります。

例えば、上司に渡す場合と、同僚に渡す場合は、上司にはお酒入であまり甘すぎないものを、同僚には、見た目がかわいらしく、パッと見でキラキラして見えるものを選びます。

それは、普段の自分と相手の関係性があるからだと思います。

上司にキラキラしたものを渡すのはやはり気が引けますし、同僚は好みが割とわかるので、なるべく近いものをあげたいと思ってしまいます。

どちらも喜んでもらいたいので、選び方はいろいろあるかと思います。

ズバリ!チョコの渡し方って?

チョコの渡し方ってホントに人それぞれですよね。

気になるチョコの渡し方についてみてみましょう。

チョコレートの渡し方は、年齢によって変化しました。

学生のころは、友人同士なら休み時間や放課後。

話をするついでにさらっと手渡しですが、好きな人には、まずは呼び出しをして、気持ちを伝えつつ、チョコレートを渡します。

社会人になると、仕事が終わってから職場で配ったり、帰りがけに机に置いて帰ることもありました。

できれば、顔を見て渡したいところですが、無理な場合は、メモにお疲れ様と書いて、チョコレートと一緒に差し入れのようにして渡していました。



チョコの予算はどうしてるの?

他にも気になるのはチョコの値段ですよね。

みんなどのくらいチョコに使っているのかな?

ほかの人のチョコのお値段事情を覗いてみたいと思います。

チョコレートの予算は、好きな人の場合は、その人に対して、ひとつ。

値段は、だいたい3000円程度のものを選びます。

学生のときも、社会人になってもだいたい同じくらいのものを選んでいました。

あまり高すぎても相手も気を遣うでしょうから、3000円くらいを目安にしていました。

大人数に配るときは、だいたい20個から30個入りで一箱のもので、値段はだいたい2000円くらいでした。

大人数というと、20から30人くらいだったと思います。

ひとつ100円くらいになればちょうどよいと思います。

以上、バレンタインチョコの人気。

そして、手作りなのか、買うのかどっち派なのか。

さらにはチョコの渡し方から値段まで、気になることを口コミ情報をもとにみてみました!

ここを渡そうと思っている人は、この情報を役に立てて楽しいバレンタインをチョコとともに過ごして下さいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました