バレンタインチョコの人気!手作りか買うかどっち派?口コミ情報!④

季節のイベント

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買うを分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




バレンタインのチョコは手作り派?買う派?

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買い分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

職場の方々へは、同僚、先輩、上司にかかわらず、全員購入しておりました。

その際は、職場の女性陣でお金を集めて、まとめて購入しておりました。

渡す相手によってものは買えており、役職のある方に一番高価なものが渡るようにしておりました。

家族(旦那さん、子ども)には手作りをしております。

ホットケーキミックスで簡単に作れるようなガトーショコラなどをバレンタイン当日に作っています。

なるべく簡単に作れて、自分も一緒に食べれるものを作ります。

購入する際のおすすめチョコは?

ここでは、バレンタインのチョコを購入する際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

百貨店などで売られている、それなりのブランドのチョコレートがオススメです。

よく購入していたのは、ピエールエルメ、サダハルアオキ、シェ・シバタのものを購入しておりました。

バレンタイン商戦時期には、各百貨店をマワ立っていたのですが、最終的に購入するお店は高島屋が多かったです。

バレンタイン商戦が始まる頃に百貨店で配布されるバレンタイン冊子に載っているものを参考にするのもオススメです。

私が渡していた男性の方々は甘いものをそこまでたくさん食べない方が多かったので、量よりも質を重視して選びました。

手作りチョコを送る際のおすすめは?

ここでは、バレンタインのチョコを手作りして送る際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

ホットケーキミックスで作れるチョコレートを使用したお菓子が簡単で見た目も可愛く、量もたくさん作れるのでおすすめです。

具体的にはガトーショコラ、チョコレートスコーンなどです。

子どもと一緒につくる場合は、ただチョコレートを溶かしたもの。

コーンフレークやシリアルを混ぜて、また冷蔵庫で固めたものが簡単に作れてオススメです。

家で食べる場合であれば、ガトーショコラにアイスクリームを添えて、フォンダンショコラ風に食べるのも美味しいです。

チョコを渡す相手はどんな人?

ここでは、チョコを渡す相手はどんな人なのかについて触れてみたいと思います。

人によっては本命の人だけ。

または、学校や会社、仕事先やバイト先の人への義理チョコを渡す人もいることでしょう。

口コミ情報をもとに、チョコを渡す人についてまとめてみましょう。

普段から関わりのある相手です。中高生の頃は、女友達同士で交換しておりました。

子供の頃は、祖父、父、兄へ。

学生の頃は彼氏、バイト先の男性の方へ。

企業で働いていた頃は、職場の上司、先輩、同僚に渡しております。

女性が1人だけの職場で働いていた時には、渡しませんでした。

結婚した今では、家族(旦那さん、子ども)のみです。

バレンタイン前後で直接顔を合わせることがあれば、その時だけ、実の父、義理兄、義理弟にも渡します。

チョコを渡す人によってチョコを分けたりするの?

チョコの種類やレベル、そして値段はいろいろありますよね。

チョコを渡す人によってh市街はあるのでしょうか。

また、渡す人によってチョコを分けたりするのでしょうか。

気になるこの点についてみてみましょう。

相手によって選びます。もちろん、値段にも差をつけます。

特に企業で働いていた頃は、役職のある上司には普段から食事をごちそうになったり、お世話になっった方がいました。

その感謝の気持ちとして、それなりに値段のするものを渡しておりました。

お返しも立派なものをいただくことが多かったので、毎年気をつかっておりました。

女性同士で交換する場合は、自分だったらこれをもらったら嬉しい!という基準で選びます。

女性の方が味や見た目、値段にシビアなので、より力をいれて選んでいます。

ズバリ!チョコの渡し方って?

チョコの渡し方ってホントに人それぞれですよね。

気になるチョコの渡し方についてみてみましょう。

バレンタインの当日(休みであれば、一番近い平日)の朝一に、男性陣の机にひとつづつ配っていました。

仕事が始まってから渡すのはお互い差し障りがあるので、その日は早く会社に行き、女性陣で分担してさっと済ませていました。

お礼は直接言ってくださる方もいれば、メールで伝えてくださる場合もあり、それぞれでした。

家族には、朝から作っておいたものを、おやつの時間や夕食後に一緒に食べてもらいました。

女友達にはバレンタイン前後で会った際に交換しています。



チョコの予算はどうしてるの?

他にも気になるのはチョコの値段ですよね。

みんなどのくらいチョコに使っているのかな?

ほかの人のチョコのお値段事情を覗いてみたいと思います。

年齢の近い同僚、先輩に対しては、ひとりあたり500円〜1000円ほど。

役職のある上司に対しては、1500円〜2000円ほどです。

女友達に対しては1000円台のものを買うことが多いですが、渡す相手と事前に予算を相談して、同じぐらいの値段になるように合わせています。

家族に対しては500円もかからず手作りのものを作っています。

ただし、やる気になったときはこだわった製菓材料を買いにいくので、その場合は値段は気にせず買っています。

以上、バレンタインチョコの人気。

そして、手作りなのか、買うのかどっち派なのか。

さらにはチョコの渡し方から値段まで、気になることを口コミ情報をもとにみてみました!

ここを渡そうと思っている人は、この情報を役に立てて楽しいバレンタインをチョコとともに過ごして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました