バレンタインチョコの人気!手作りか買うかどっち派?口コミ情報!⑤

季節のイベント

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買うを分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




バレンタインのチョコは手作り派?買う派?

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買う分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

いつもバレンタインのチョコレートは購入しています。

理由として自分自身、手作りのものより買ったものを貰った方が嬉しいからです。

決して潔癖症ではないのですが、手作りだとどうしても気持ち悪いと思ってしまって抵抗があります。

特にトリュフチョコレートなどは手でこねたものなので食べる気も失せてしまいます。

購入したものはラッピングも綺麗だし、安心安全にいただくことができるので、私はずっと差し上げる時もチョコレートは買っています。

購入する際のおすすめチョコは?

ここでは、バレンタインのチョコを購入する際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

すこし高見えするもの。量ではなく質を重視します。

ピエールマルコリーニやBABBIなどがおすすめです。

パッケージもとても可愛いですし、なにより味もとっても美味しいです。毎

日少しずつ食べる楽しみがあって、ドラマの失恋ショコラティエで石原さとみさん演じるさえこさんになったような気分。

贅沢かつ丁寧な生活をしていると思えます。

バレンタインの時期は毎年いろいろなお店から限定チョコレートが出ますよね。

毎年決まったチョコレートを渡すのも、あの人は毎年このチョコをくれるよね!

こんなんじで、チョコの印象がついていいかもしれません。

手作りチョコを送る際のおすすめは?

ここでは、バレンタインのチョコを手作りして送る際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

手作りには抵抗がありますがなるべく汚らしくならないチョコレートがいいと思います。

オレンジに溶けたチョコレートを付けたものや、本当に固めただけのものがおすすめです。

トリュフなどこねくり回したような、指紋がつくようなものはあまりおすすめできません。

私自身もらった経験があり、あまりにも見た目が悪く食欲が失せました。

アナウンサーの田中みな実さんはよくスタッフに小分けにした手作りお菓子を配ったそうです。

ラッピングなども小綺麗でした。

見た目に気を配ることが大切です。

チョコを渡す相手はどんな人?

ここでは、チョコを渡す相手はどんな人なのかについて触れてみたいと思います。

人によっては本命の人だけ。

または、学校や会社、仕事先やバイト先の人への義理チョコを渡す人もいることでしょう。

口コミ情報をもとに、チョコを渡す人についてまとめてみましょう。

いつもお世話になっている会社の男性陣を中心にに義理チョコを渡そうかと考えています。

また、友チョコとして親友や仲のいい同級生のメンバーに女子会の予定がバレンタインに重なれば渡したいと思っています。

あとは大本命として、付き合ってる彼に渡します。

バレンタインデー付近にどんな予定(誰と会うか)で渡す相手も変わってくると思います。

チョコレート好きな方と会うのならばそれはマストでチョコレートを渡したいところですね。

チョコを渡す人によってチョコを分けたりするの?

チョコの種類やレベル、そして値段はいろいろありますよね。

チョコを渡す人によってh市街はあるのでしょうか。

また、渡す人によってチョコを分けたりするのでしょうか。

気になるこの点についてみてみましょう。

大人数に渡すのならば小分けにできてリーズナブルなもの。

女友達へのチョコレートなら少し話題になっている見た目もお洒落な、ブランド性のあるチョコレート。

そして本命には心を込めて選んだものを。私の彼は甘すぎるものが苦手なのです。

マシュマロやポテトチップスにチョコレートがかかったものなど毎回甘すぎないものを選んでいます。

チョコレート好きなのかどうかというところもリサーチしておくのは大事です。

ズバリ!チョコの渡し方って?

チョコの渡し方ってホントに人それぞれですよね。

気になるチョコの渡し方についてみてみましょう。

ほんの気持ちですといって一人一人丁寧に渡していきます。

会社で自分一人だけで渡すと周りの女性などにも顰蹙を買う可能性があります。

相談は怠らず、どのタイミングで渡すか聞きます。

その結果で一緒に渡していくのか、各々タイミングなどを見計らって渡していきます。

本命には特別感を出したいのでふたりきりで、場所や雰囲気を見ながら渡すのが理想です。

可愛らしいバレンタインカードも付けておくと彼の思い出にも残るし私は毎年書いています。



チョコの予算はどうしてるの?

他にも気になるのはチョコの値段ですよね。

みんなどのくらいチョコに使っているのかな?

ほかの人のチョコのお値段事情を覗いてみたいと思います。

たくさんの方に渡すのならばコストは抑えたいところ。

会社の人間(30名ほど)であれば1つ200円くらいにしたいです。

本命の相手に気合を入れるのなら3000円くらいは出してしまうかもしれません。

ただ男性は予算を高く出したからといってそこまで価値の分かる方はあまりいないんですよね。

やはり値段はリーズナブルだけど高見えするものを重点的に選んだほうがいいかもしれません。

価格よりもやはり最終的には気持ちがいかにこもっているかだと思います。

チロルチョコのようにとても安くても一言メッセージカードをつけるなどしてみてもいいかも。

以上、バレンタインチョコの人気。

そして、手作りなのか、買うのかどっち派なのか。

さらにはチョコの渡し方から値段まで、気になることを口コミ情報をもとにみてみました!

ここを渡そうと思っている人は、この情報を役に立てて楽しいバレンタインをチョコとともに過ごして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました