バレンタインチョコの人気!手作りか買うかどっち派?口コミ情報!⑦

季節のイベント

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買うを分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




バレンタインのチョコは手作り派?買う派?

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買う分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

買う派です。バレンタインの時期は学生のときは手作りのもので作っていて友達と交換したりするのが楽しくて手作りで作ったりしていました。

しかし材料を揃えるところからはじまり作業はチョコレートを溶かしたりし仕上げ作業までかなり時間がかかります。

そして台所もすごいことになるので学生が終わってからは毎年買う派になりました。

いろいろな種類のチョコレートがありますし流行やその年にしかでないもの限定のものもたくさんあるのでみるのもとても楽しいです。

購入する際のおすすめチョコは?

ここでは、バレンタインのチョコを購入する際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

旦那さんにあげたいのは10個入りもので少しずついろいろな種類が入っていて一口サイズのものがいいかと思います。

また家族やお世話になっている方にも一口で食べれる小さいものが好き好んで食べてくれるんじゃないかなとおもいます。

10個入りのものはすぐに売れてしまいます。

これが、ちょうどよくて数日で食べきれるサイズかと思います。

また友人にあげるものも5個くらいの小さなものは500円くらいから販売されていますね。

少しご褒美感覚としておいしい味のもののチョコレートをもらえたら嬉しと思います。

手作りチョコを送る際のおすすめは?

ここでは、バレンタインのチョコを手作りして送る際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。生チョコ。

型ぬきチョコ。生チョコは定番でスーパーにバレンタインの時期になると明治チョコなど板チョコが売られます。

溶かして固める作業だけで作ることができます。

またあげる人も恋人や友達にも気軽にあげれますしそんなに重くない!

そして少しアレンジもできたりするしいいかと思います。

手づくりのチョコレート作りが苦手な方でも簡単にできるかと思います。

片ぬきチョコは子どもとかでもチョコレートを溶かして型にいれるだけ!

素敵なチョコレートになるのでいいかとおもいます。

チョコを渡す相手はどんな人?

ここでは、チョコを渡す相手はどんな人なのかについて触れてみたいと思います。

人によっては本命の人だけ。

または、学校や会社、仕事先やバイト先の人への義理チョコを渡す人もいることでしょう。

口コミ情報をもとに、チョコを渡す人についてまとめてみましょう。

現在は旦那さん。お世話になっている方々に渡します。

会社にも持っていくかもしれません。

昔と比べて好きな人に渡すというより1年に1度お世話になっている方に渡すという日になっています。

チョコレートは甘いもの苦手な方いますが喜ばれますね。

今は女性が女性に渡してもおかしくない時代なので職場で持っていくとすごく喜ばれます。

あとは子供が幼稚園生なので特別好きな子はいませんが仲のいいお友達にあげたりしたいので一緒に作るかもしれません。

家族でバレンタイン、パパにと一緒に手作りなんかも考えています。

チョコを渡す人によってチョコを分けたりするの?

チョコの種類やレベル、そして値段はいろいろありますよね。

チョコを渡す人によってh市街はあるのでしょうか。

また、渡す人によってチョコを分けたりするのでしょうか。気になるこの点についてみてみましょう。

選びます!私は買う派ですが主人にはいいチョコレートをあげます。

あとはお父さんにも少しいいチョコレート。

やっぱり大切な人には自分の中ではいいチョコレートをあげたい気持ちもありますし特別感がほしいからです。

またたくさん配る用は価格の安いもの・・

自分の中でランキングみたいなものがあるかもしれません。

ただいろいろな種類のチョコレートが販売させていたり手作りのものもたくさんあります。

ケーキは特別とか簡単に作れるものは誰にあげようとかを自分で選ぶ楽しみがあります。

さらに、作る楽しみも増えるのでいいかと思います。

ズバリ!チョコの渡し方って?

チョコの渡し方ってホントに人それぞれですよね。

気になるチョコの渡し方についてみてみましょう。

主人にはいつもありがとう!

お疲れ様ですと言って渡します。

あとは誕生日が近くてどうしても一緒になってしまうので小さな小物を一緒に添えて渡すこともあります。

また夕飯のときにデザート感覚ではい!

そう言って、渡すこともありました。

職場の方にはお昼休憩中に渡すかもしれません。

糖分が必要だよとか。

いつもお疲れ様、どうもありがとうという気持ちですね。

学生のときみたいな甘酸っぱい渡し方ではないのですが主人は喜んでくれます。

子供が少し大きくなったので渡し方も考えてみたいかと思います。



チョコの予算はどうしてるの?

他にも気になるのはチョコの値段ですよね。

みんなどのくらいチョコに使っているのかな?

ほかの人のチョコのお値段事情を覗いてみたいと思います。

主人、お父さんにはひとつ1500円くらいのもの。

あとは職場の方には検討中ですがたくさん入ってるのを持っていくか小分けになってるタイプをたくさん持って行って渡すかもしれません。

また自分のチョコレートも買うので1000円くらいのものをいつも買っています。

あとは子供のもの。そちらは1粒タイプでラッピングできるもの。

だいたい毎年チョコレートに7000円くらいかかってるかもしれまん。

作るほうがラッピングなどにもお金がかかりますね。

個人的には買うほうがお金がかからないように感じます。

 

以上、バレンタインチョコの人気。

そして、手作りなのか、買うのかどっち派なのか。

さらにはチョコの渡し方から値段まで、気になることを口コミ情報をもとにみてみました!

ここを渡そうと思っている人は、この情報を役に立てて楽しいバレンタインをチョコとともに過ごして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました