Travis Japanのメンバー人気順やランキング!カラーやプロフィール④

芸能

ジャニーズのなかでも特にダンスパフォーマンスに特化した7人組グループであるTravis Japan

世界的に有名な振付師、トラヴィス・ペイン氏に選抜されたメンバーで構成されています。

彼の名前がグループの由来になっています。

ここでは、このTravis Japanメンバーカラーランキングプロフィールについて触れてみたいと思います。

スポンサーリンク




Travis Japanってどんなグループなの?

やはりダンス、特にシンクロダンスが特徴で売りのグループです。

マイケル・ジャクソンのThis is It等ライブで振り付けを担当したTravis Payne氏

メンバーが選ばれただけあり、キレの良さ、個々の個性。

メンバー全員が揃った時のグループの良さなど、ダンスに関しては他のグループに劣らないほどの強みがあるグループです。

ダンスが売りのグループなので、あまり注目されていませんが、歌の上手さもピカイチです。

ライブなどでは、もちろん歌がメインでない楽曲も多々あります。

バラードやコンテンポラリー系の作品も歌いこなせるほどの歌唱力もあります。

中でも川島如恵留くん、松倉海斗くん、松田元太くん。

みんあ、Kinki Kidsの堂本光一くんが主演を務める舞台、SHOCKで様々な経験を積みました。

その美しい歌声と安定した歌唱力は特に評価されるべきです。

仲の良さ、幼稚園児のような賑やかさも、Travis Japanの特徴です。

2012年に結成し、7年という長い年月を共に過ごしてきたメンバーたち。

非常に仲が良く、その学生のようなノリの良さは、YouTubeチャンネルでも見ることができます。

Travis Japanの好きなところは?

2012年よりTravis Japanを応援してきました。

嬉しいことも辛いことも一緒に見てきたからこそ、彼らの結束力。

そのパフォーマンス能力の高さ、仲の良さ、メンバー間はもちろん。

ファンとの信頼関係もこのグループの魅力の一つだと思います。

SnowManとSixTONESのデビューが決まり、メンバーをはじめ、ファンの皆も思うところがあったとは思います。

Travis Japanの強みを生かして、進んで行こうというトラジャファミリーの姿勢もとても好きです。

一人ひとりの個性を生かしたパフォーマンスはもちろん。

そこにたどり着くまでに、お互いぶつかりあって。

正直に話し合いを進めるTravis Japanの関係性もとても魅力的だと思います。

グループでいるからこそ、お互いに遠慮することなく、個人の意見をしっかり主張できるのも彼らの強みだと思います。

その話し合いがあるからこそ、Travis Japanらしいパフォーマンスができるのだと思います。

Travis Japanのメンバー!カラーやプロフィール!

Travis Japanのメンバーカラーを含めたプロフィールを見てみたいと思います。

メンバーの名前は敬称略で表記しますので、ご了承下さい。

川島如恵留

1994年11月22日東京都生まれ。身長173cm、メンバーカラーは白。

愛称はノエル。

グループ最年長で、グループのママとして慕われている如恵留くん。

オランダの血が入っており、お家はカトリックです。

幼少期よりミュージカルやバレエを経験しており、劇団四季のライオンキングではシンバ役を任されたこともあります。

七五三掛龍也

1995年6月23日栃木県生まれ。

身長166.5cm、メンバーカラーはピンク。

愛称はシメちゃん。

中性的で甘いマスクとは裏腹に、男らしい重心の低い踊りをするのが魅力的な七五三掛くん。

今ではグループの姫ポジですが、結成当時は筋肉キャラでした。

吉澤閑也

1995年8月10日神奈川県生まれ。

身長175cm、メンバーカラーは黄色。憧れの先輩は山田涼介くん。

愛称はしーくん。

今ではトラジャの振り付け師ですが、メンバーで唯一のダンス未経験者でした。

その努力家の一面と懸命さを買われ、トラジャのメンバーに。

ファンからは、トラジャのパパと呼ばれており、個性豊かなグループのバランサーです。

中村海人

1997年4月15日東京都生まれ。

身長175cm、メンバーカラーは緑。

トリプルカイトの1人で、愛称はうみんちゅ。

ヒモキャラで有名ですが、他のメンバーが気まずくてなかなか言えないこともはっきり口にできる。

グループの影のリーダーです。

キツい性格に見られがちですが、実は、グループやファンのことを考えられる人です。

宮近海斗

1997年9月22日東京都生まれ。

身長166.5cm、メンバーカラーは赤。

トリプルカイトの1人で、愛称はちゃかちゃん。

ダンスの腕前はピカイチで、King & Princeの髙橋海人はデビュー前に、「宮近みたいなダンスが踊りたい」と語っています。

ステージ上でのギラギラさと、YouTubeなどで垣間見えるフワフワした性格とのギャップも魅力の一つです。

松倉海斗

1997年11月14日神奈川県生まれ。

身長162cm、メンバーカラーはオレンジ。

トリプルカイト・松松シンメの1人で、愛称はまつく。身長はグループで一番小さいですが、それを感じさせないキレのあるダンスが特徴です。

松田元太

1999年4月19日埼玉県生まれ。身長170cm、メンバーカラーは青。

松松シンメの1人で、愛称はげんげん。

最年少ながらもセクシーキャラ

。あどけなさを残しながらも、最近グンと大人っぽくなりました。

Travis Japanメンバーのベスト5!

ここでは、Travis Japanのメンバーのベスト5を見てみたいと思います。

こちらのベスト5のメンバーも口コミ情報をもとにランキングしたものなので、正式なランキングでははいことをご理解下さい。

メンバーの名前は敬称略して表記しておりますこと、ご了承ください。

1位 宮近海斗

センター兼リーダーとしてグループを引っ張っている宮近くん。

人見知りで、傷つきやすく、でもその人柄の良さと一生懸命さが、魅了された理由です。

もちろん最高のアイドルであろうとしてはいます。

それよりも誰もを魅了するエンターテイナーになろうと努力しているところが魅力の一つだと思います。

2位 中村海人

私の中でうみんちゅは、トラジャの影のリーダーです。

個性がぶつかるこのグループの中で、話し合いの場を設けたり。

周りの皆が上手く言えないことも自分が口にすることで、率先して、グループのために悪者になれる人です。

3位 川島如恵留

誰よりも人に気遣いができ、周りをよく見ている人です。

自分の良さも出しながら、メンバーの個性も立てて上げることのできるのが魅力です。

4位 松田元太

最年少ながら、周りをきちんと見ています。

お兄ちゃんたちが少しでも気負わずに舞台に立てるような、環境づくりができる人。

甘えん坊のように見えて、しっかり自分を持っていて、魅力的な人です。

5位 松倉海斗

グループの不憫キャラですが、それは偶然そうなっているのではなく、松倉くん本人が周りのカラーを見ながら、とっている言動のおかげです。彼の独特なキャラのおかげで、グループが和やかになりました。

Travis Japanメンバーの人気順ランキング!

ここでは、Travis Japanのメンバーの人気順やランキングを見ていきましょう。

人気順やランキングは口コミや独断での人気順やランキングとなっていますので、ご理解ください。

誰が人気なのかというランキング等は、正直付けたくないですし、付けるべきでは無いのだと思いました。ただ、実際にライブなどに実際に行って、今まで見たきたうちわ売上数をもとに、独断で書かせていただきます。

7位 吉澤閑也

トラジャの振り付け師の吉澤くん。

あどけない笑顔と、なんでも優しく受け止めてくれる器の広さが魅力で、トラジャのリア恋枠です。

シャイな性格ですが、メンバーやファンを笑わせるために進んで一発ギャグをするなど。

グループのバランスをよく見て行動しているメンバーです。

6位 宮近海斗

言わずとしれた、トラジャの絶対的センター。

恥ずかしがり屋の一面を持ちながらも、グループ想いで、前に出て引っ張っていこうという気持ちがたくさん伝わってきます。

5位 川島如恵留

佇まいが美しく、ファンサービスも神レベルで有名な如恵留くん。

他のメンバーの担当として現場に入っても、ライブで如恵留くんに落ちてしまうファンも多いです。

4位 松倉海斗

その無邪気な笑顔と、シャカリキダンスが特徴で、皆の愛情をしっかり受けて、活動をしています。

3位 七五三掛龍也

2位 中村海人

ヒモキャラ・アニメオタクとして有名なうみんちゅ。

その憎めない性格と、甘やかしたくなる仕草が女性ファンの母性本能をくすぐります。

1位 松田元太

とにかくファンサービスマシーンとして有名なげんげん。

自分のうちわを見つけるのが上手く、一人一人の目をきちんと見て、ファンサービスをしてくれるため、人気が高いです。



Travis Japanのデビュー!

Travis Japanのデビューについてはどうでしょうか。

2020年末にデビュー発表、2021年春ごろにデビューではないかと思います。

共にお兄ちゃん組として頑張ってきた、SnowManとSixTONESが今年デビューしました。

この二組や今を羽ばたくKing & Princeと比べ、まだまだ実力的にも話題性においても劣っているため。

今年一年は技術を磨く一年になると予測できます。

単独でライブを行ったり、初主演舞台を成功させたりと、大活躍の2019年でした。

固定のファンはいるものの、まだまだ知名度も低く、Travis Japanというグループを知らない人がほとんどです。

いかにして新規ファンを増やせるかが問題になってくると思います。

テレビに露出する機会はもちろんデビュー組と比べて少ないです。

YouTubeやInstagram等で世間にアピールすることのできる時代です。

新たなファン層を獲得することも、今のTravis Japanに課せられた課題だと思います。

以上、Travis Japanのメンバー人気順やランキング。

そしてメンバーカラーやプロフィールについて。

さらには、Travis Japanデビューについてもお話ししました。

人気順やランキングは口コミや独断での人気順やランキングとなっていますので、ご理解ください。

関連記事 → スノーマンメンバー人気順の口コミ情報!

コメント

タイトルとURLをコピーしました