バレンタインチョコの人気!手作りか買うかどっち派?口コミ情報!⑩

季節のイベント

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡すり派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買う分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




購入する際のおすすめチョコは?

ここでは、バレンタインのチョコを購入する際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

学生の頃はおかし作りが好きだったので、溶かして固めるだけのチョコレートからトリュフ。

ガトーショコラと毎年レベルアップしたものを友人や恋人、家族にプレゼントしていました。

ただ、社会人になってからはそうもいかず……

作りたいなとは思うのですが、平日の連勤による仕事疲れが取れなくてキッチンに立つのがおっくうになってしまいます。

なので、ここ数年はネットの特集ページやデパートのお菓子売り場などを見て回って、これだ!と思うチョコレートを買っていますね。

手作りの時よりもちょっと費用は高くなってしまいますね。

自分用のチョコレートを買う楽しみも増えたのでこれはこれでオッケーです!

購入する際のおすすめチョコは?

ここでは、バレンタインのチョコを購入する際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

少しお高めですが今年は「デルレイ」のダイヤモンド形チョコレートが欲しなと思っています。

高級感もあって、色とりどりのジュエルチョコはインスタ映えも期待できます。

ちょっと男性に贈るにはかわいすぎるかも?

でも、彼氏さんや旦那さんに渡す分には二人で食べる前提で買ってもいいのかな。

あとは何と言っても「ベルアメール」!丸いチョコレートの表面に様々なトッピングが施された。

これ一枚でもかなり可愛い一品です。

バレンタイン用にあまおう苺を使ったピンクのお花畑のような一枚が出るそうです。

これも気になる……

でも、一枚の値段が高いんですよね。

手作りチョコを送る際のおすすめは?

ここでは、バレンタインのチョコを手作りして送る際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

人によるかもしれませんが、私はガトーショコラがおすすめです。

メレンゲを作るので、ハンドミキサーが必要となりますが、あとはそんなに難しい手順もないし手も汚れないです。

焼いて粗熱を取った出来立てと、一日置いて冷ました時とで食感が異なるので、是非そこを楽しんで頂きたいです!

使用するチョコレートは製菓用のスイートチョコレートがよいかと。

製菓用は高いからお手軽に済ませたい!という人は市販の板チョコでも問題ないです。

チョコを渡す相手はどんな人?

ここでは、チョコを渡す相手はどんな人なのかについて触れてみたいと思います。

人によっては本命の人だけ。

または、学校や会社、仕事先やバイト先の人への義理チョコを渡す人もいることでしょう。

口コミ情報をもとに、チョコを渡す人についてまとめてみましょう。

やっぱり女の子の友達と交換する事が多いですね。

学生時代のチョコレート交換はワクワクしました。

卒業してしまってからも、何人か面識のある子たちと2月に遊ぶ予定などがあれば事前にチョコレート交換しようねと約束。

思い思いのチョコを持ち寄ったりもします。毎年必ず渡す相手は家族です。

手作り時代の味見もそうですが、やっぱり感謝の気持ちを込めてプレゼントしたいという思いが一番です。

父はあまり甘いものが得意ではありませんが、母がチョコレート好きなので毎年楽しみにしてくれています。

チョコを渡す人によってチョコを分けたりするの?

チョコの種類やレベル、そして値段はいろいろありますよね。

チョコを渡す人によって違いはあるのでしょうか。

また、渡す人によってチョコを分けたりするのでしょうか

。気になるこの点についてみてみましょう。

女の子にあげる用なら、食べ終わった後も使えるような可愛い缶ケースや箱。

「ラデュレ」や「カファレル」や「ゴンチャロフ」あたりですね。

もちろん、その人の雰囲気に合わせて変えますが大体喜んでもらえます。

大人っぽい子だったら「マ・プリエール」「カカオ サンパカ」あたりがいいのかも。

シンプルな箱に一粒ずつ入ったチョコがゴージャスな印象を醸し出していて素敵なんです。

あとは3連休がある年だったら手作りも頑張って作ります。

男性は可愛いもの好きさん以外だと変に可愛いものや凝りすぎたもの。

嫌がられるのかなあと思いますが、本命には「ピエール・マルコリーニ」のハートチョコをあげてもいいかなって思います。

ズバリ!チョコの渡し方って?

チョコの渡し方ってホントに人それぞれですよね。

気になるチョコの渡し方についてみてみましょう。

面白い渡し方ではないのですが、普通にはいっ!てあげちゃいますね。

友達なら出かけた先のカフェなどに入って落ち着いた時に。

家族だったら夕食の時なんかに「そういえば、」と前置きしてプレゼントしています。

本命も同じような感じですね。ただ、やっぱり恋人にあげるときは「本命だよ」と宣言してから渡していました。

変に回りくどい感じでまごついていると、相手もなんだ?

そう思ってしまうのでここは潔くストレートな感じで行った方が良いと思います!



チョコの予算はどうしてるの?

他にも気になるのはチョコの値段ですよね。

みんなどのくらいチョコに使っているのかな?

ほかの人のチョコのお値段事情を覗いてみたいと思います。

手作りの時は3000円以内には収まっていたのですが、デパートのチョコなどになると5000円くらいに跳ね上がってしまいましたね……。

たまに、値段を見ないで可愛いチョコを買ってしまう事があるのですがそれによってはもっと予算が上がってしまう事も。

用意する数は毎年変動しますが、大体5〜7個くらいですね。

前述したように、2月に会う予定のある友人がいれば前後したり…といった感じです。

基本は1000円前後かな。

以上、バレンタインチョコの人気。

そして、手作りなのか、買うのかどっち派なのか。

さらにはチョコの渡し方から値段まで、気になることを口コミ情報をもとにみてみました!

ここを渡そうと思っている人は、この情報を役に立てて楽しいバレンタインをチョコとともに過ごして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました