バレンタインチョコの人気!手作りか買うかどっち派?口コミ情報!⑪

季節のイベント

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買うを分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




バレンタインのチョコは手作り派?買う派?

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買う分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

社会人になってからは買うようになりました。

仕事で作っている時間がないのと、お菓子作りが得意というわけではないので恥をかかないようにです。

上司の奥さんがパティシエと聞いたのもあると思います。

現在は結婚して専業主婦になり、夫が甘いものが苦手で大食いなので、少し苦めでホールのガトーショコラなどを作ってみてもいいかなと思っています。

購入する際のおすすめチョコは?

ここでは、バレンタインのチョコを購入する際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

個人的にリキュールの入ったチョコレートボンボン。

ドライフルーツにチョコレートがついたお菓子が好きなので、他に目を引くお菓子がなければ大体それになります。

チョコレートボンボンは大人の特権という感じがするもの。

日本酒好き・ワイン好きに合わせて中のお酒を変えることができるので、大人の贈り物という感じで使っています。

ドライフルーツにチョコレートがついたものは、見た目が派手なもの。

女の子は大体フルーツが好きなのでほぼ迷惑にならないと思って贈り物にしています。

手作りチョコを送る際のおすすめは?

ここでは、バレンタインのチョコを手作りして送る際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

チョコレート入りのビスコッティが好きです。

コーヒーに浸して食べるのが一般的で、そのまま食べてもおいしいです。

焼き菓子の一種で日持ちするのと、甘いものが嫌いな人でもコーヒーと一緒に食べれますね。

そのまま朝食として食べてもいいので迷惑にならないかなと思っています。

昔はチョコレートとクリームチーズのマーブルケーキなど、凝ったものを作っていました。

年齢を重ねると量を食べれなかったり、忙しくて食べる前に悪くなってしまうこともあって日持ち・味は重視しています。

チョコを渡す相手はどんな人?

ここでは、チョコを渡す相手はどんな人なのかについて触れてみたいと思います。

人によっては本命の人だけ。

または、学校や会社、仕事先やバイト先の人への義理チョコを渡す人もいることでしょう。

口コミ情報をもとに、チョコを渡す人についてまとめてみましょう。

友人は遠方で就職しているし、先月結婚を機に仕事を退職、引っ越しと続いたため、今年は夫にのみ渡すと思います。

親孝行で両親にもと考えますが、飛行機の距離にいるので遠いです。

宅配業者の通常配達だと外が寒すぎて荷物が凍ってしまうことがあったので断念しました。

田舎に引っ越したので、かわいいチョコレート屋さんはありません。

一時的に専業主婦になり時間があるので遠くの町まで買いに行くか、凝ったものでも作ってみようかなと思っています。

チョコを渡す人によってチョコを分けたりするの?

チョコの種類やレベル、そして値段はいろいろありますよね。

チョコを渡す人によってh市街はあるのでしょうか。

また、渡す人によってチョコを分けたりするのでしょうか。気になるこの点についてみてみましょう。渡す相手によって、選びます。

ちょっと遠くに住んでいる相手だと、会ったときに渡すつもりで買うので日持ちするもの。

近くに住んでいる相手であれば、3日くらいもつものであれば買います。

あとは、好みでも分けます。甘いものが好きな人なら量を多めにきれいなもの。

甘いものが嫌いな人は、ちょっとずつ食べてもいいように日持ちするもの。

もしくは、ビターのもの。

甘いものは好きだけどチョコレートが苦手という人には、フルーツを使ったものやクッキーなどの焼き菓子を選びます。

ズバリ!チョコの渡し方って?

チョコの渡し方ってホントに人それぞれですよね。

気になるチョコの渡し方についてみてみましょう。

サプライズは苦手なので、溶けないように会ったときに普通に渡します。

昔「この人は今日この棚を開けるよな…」と隠したことがあります。

開けたのに気づかれず、私もお酒を飲んでそのことを忘れてしまうことがあります。

次の日でろでろのチョコレートにしてしまったことがあるからです。

装飾に凝る方なので、シンプルなチョコレートなら派手なリボンの結び方を勉強して飾ったり。

見た目が派手なチョコレートなら中身がきれいに見える袋を用意したりします。

チョコの予算はどうしてるの?

他にも気になるのはチョコの値段ですよね。

みんなどのくらいチョコに使っているのかな?

ほかの人のチョコのお値段事情を覗いてみたいと思います。

もうアラサーなので、購入する場合は一人につき3000円くらいは出してもいいと思っています。

学生の友人はいないし、後輩も20代半ばくらいなので、誰にあげても困らない・お返しに困る額じゃない金額だと思っています。

あと、最近知り合う人たちが年上で普段から良くしてくれています。

そういう人たちにはお礼も兼ねて5000円くらいでもいいかなと思います。

手作りの場合安くなってしまいますが、お菓子作りが上手じゃないのです。

生クリームを動物性脂肪オンリーの高いものにしておくなど素材はいいものを買うと思います。

以上、バレンタインチョコの人気。

そして、手作りなのか、買うのかどっち派なのか。

さらにはチョコの渡し方から値段まで、気になることを口コミ情報をもとにみてみました!

ここを渡そうと思っている人は、この情報を役に立てて楽しいバレンタインをチョコとともに過ごして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました