バレンタインチョコの人気!手作りか買うかどっち派?口コミ情報!⑬

季節のイベント

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買うを分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




バレンタインのチョコは手作り派?買う派?

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買う分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

バレンタインのチョコレートは本命には手作りします。

売っているやつに似たような感じのイメージで作れるように、下準備に試食をしてから、材料を集めてきて、本気モードで作ります。

手作りに勝るものはないと思っているから、絶対的にここだけは譲れないです!

チョコレートの他にちょっとしたプレゼントも用意したいから、全部が買ったものだとバレンタインがもったいない気になるから。

胃袋を掴むと言う言葉を間に受けて、手作りをしています。

購入する際のおすすめチョコは?

ここでは、バレンタインのチョコを購入する際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

購入するとしたら、やっぱり変わり種のチョコレートがいい。

中が空洞で、何かカリカリした食べ物が入っている。

音を重視したものか、美味しさを追求した生チョコレートなんかがいいです。

生チョコレートは特にどんな人でも好きな一品だから、間違い無いと思ってます。

北海道産と聞いたら余計に美味しく聞こえませんか?

昔からあるブロックの形した生チョコレートは、また別に、自分のためにも買いたいと思うぐらいおすすめです!

手作りチョコを送る際のおすすめは?

ここでは、バレンタインのチョコを手作りして送る際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

やっぱり手作りのチョコレートでのおすすめは、かわらずに生チョコレート。

もしくはトリュフだと思います。とろける系のシリーズはテッパン!

特に作りやすいし、材料費もそこまでかからないから、簡単で安くて早くて美味しい。

いいところだらけだと感じてます。残った分はみんなに配るのもよし。

柔らかいチョコレートは失敗もしにくいし、生クリームを混ぜるだけだから、学生時代からずっと同じようなものを作っている気がする。

それだけお勧め。

チョコを渡す相手はどんな人?

ここでは、チョコを渡す相手はどんな人なのかについて触れてみたいと思います。

人によっては本命の人だけ。

または、学校や会社、仕事先やバイト先の人への義理チョコを渡す人もいることでしょう。

口コミ情報をもとに、チョコを渡す人についてまとめてみましょう。

本命は間違い無いと思う。飾りつけすぎず、適度なラッピングで。

好きな人、気になっている人。

お世話になっている人、友達。たまたまその時期付近に会う約束をしている友達など。

一人では無いことは確かです。

とにかくいいなと思っている人には、手当たり次第合うタイミングがあるならば渡す準備をすると思います。

興味のない相手には時間の無駄。

労力の無駄になるので、絶対にお世辞でもあげないと思います。

それならば自分で食べる。

チョコを渡す人によってチョコを分けたりするの?

チョコの種類やレベル、そして値段はいろいろありますよね。

チョコを渡す人によって違いはあるのでしょうか。

また、渡す人によってチョコを分けたりするのでしょうか。

気になるこの点についてみてみましょう。

渡す相手によって、チョコレートは選びます。

特に美味しそうなもの、手作りであればうまくいったものは好きな人から配分していく!

買ったチョコレートであれば、いいお値段のものは好きな人へと確定!

あとはお付き合い程度の適当に配る分として、小さい500円くらいのものを買うか。

手作りであれば、形がおかしくなったものを詰め込みます。

ちょっときれいに整える程度はしますが。力の入り方は全然違うので、ばれたら気まずいと思う。

ズバリ!チョコの渡し方って?

チョコの渡し方ってホントに人それぞれですよね。

気になるチョコの渡し方についてみてみましょう。

好きな人であれば、ちゃんと小さめの袋に入れて、先にラインで、バレンタインなので。

チョコレート持ってきたから後で渡すねー!と送ってきた。

タイミングがあったら、はいっと、さらっとわたす。

昔のようにドキドキするのはめんどくさいし、重たく感じられたく無い。

勿体ぶらずに、ストレートに渡すのが自分流だと思ってます。

適当な人にはみんな集まったら配る。

バレンタインなのでよかったら食べてくださいー程度な感じです。



チョコの予算はどうしてるの?

他にも気になるのはチョコの値段ですよね。

みんなどのくらいチョコに使っているのかな?

ほかの人のチョコのお値段事情を覗いてみたいと思います。

好きな人に買うのであれば3000円くらいのものを買うと思う。

大きさよりも少量で美味しいものを重視して。

作るとしたら2000円で抑えると思います。

ラッピング代に少し回すイメージです。

適度に配る分も考えれば、バレンタインのチョコレートにかけるトータルの予算は2万円以内にしています。

渡す人も多い職場だからこそかもしれません。

500円くらいの小さいものを買ってみんなに配っているので。

好きな人には1個、配る分にはその余った金額分で買います。

以上、バレンタインチョコの人気。

そして、手作りなのか、買うのかどっち派なのか。

さらにはチョコの渡し方から値段まで、気になることを口コミ情報をもとにみてみました!

ここを渡そうと思っている人は、この情報を役に立てて楽しいバレンタインをチョコとともに過ごして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました