バレンタインチョコの人気!手作りか買うかどっち派?口コミ情報!⑭

季節のイベント

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買うを分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

スポンサーリンク




バレンタインのチョコは手作り派?買う派?

バレンタインのチョコをどうするのかは人によってホントに様々ですよね。

手作り派の人から買う派の人までホントにいろいろ。

人によっては、チョコを渡す相手によって手作りか買う分けている人もいますよね。

そのあたり、皆さんどうしているのか口コミ的情報をまとめてみました。

絶対買います。

小学生の頃は作りましたが、大人になったら絶対買います。

センスのある梱包も出来ないし、ブランドチョコを買った方が喜ばれるから。

作る、と言っても結局はチョコレートを溶かして、冷やし直す。

こう考えるとこれは作っているとは言えないと思う。

カカオの加工からやれば、完全に手作りチョコと言えるが、溶かし直しているだけのチョコレートを、手作りだと言えないでしょ。

だったら普段自分では買わないけど、有名な洒落たチョコレートをあげた方が結局は喜ばれる。

購入する際のおすすめチョコは?

ここでは、バレンタインのチョコを購入する際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。

口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

無難で、購入しやすいブランドはGODIVAだと思う。どこのデパートでも買える。

ブレない美味しさ。パッケージもシックで、洒落てるし、ブランド力は間違いない。

クッキーや、アイスもあるのでチョコレートに飽きたらそちらでも対応が出来る。

それ以外なら、リンツも人気がある。一粒が大きくて、食べ応えもある。

負けない美味しさ。味の種類も豊富。店頭で運が良ければ一粒試食が出来るのもお得。

一箱に様々な味が入っているギフト様の箱もあるが、自分で袋にカスタマイズする事も出来る。

手作りチョコを送る際のおすすめは?

ここでは、バレンタインのチョコを手作りして送る際におすすめのチョコについてみてみたいと思います。口コミ情報をもとにまとめてみたいと思います。

手作りと言っても、割チョコを買って、溶かすよりも今はネットで簡単にケーキ作りが検索出来るから、その方が喜ばれると思う。

チョコレートに生クリームを混ぜて、生チョコのしっとりチョコも良いと思います。

チョコレートブラウニーも簡単に出来るので、オススメです。

冷凍のパイ生地を使って、チョコパイも簡単に出来るのでお勧めです。

自分で焼くとそれ程脂っこくないので、食べやすいです。

相手に渡す時、食べる前にチンして温め直すとチョコが溶けて美味しいです、と一言加えても良いと思います。

チョコを渡す相手はどんな人?

ここでは、チョコを渡す相手はどんな人なのかについて触れてみたいと思います。

人によっては本命の人だけ。

または、学校や会社、仕事先やバイト先の人への義理チョコを渡す人もいることでしょう。

口コミ情報をもとに、チョコを渡す人についてまとめてみましょう

。基本的にお付き合いしている男性。

女性の多い職場ですが、男性もいるので職場の男性。基本的に身近にいる男性のみにしか渡さない。

職場の男性は上司にあたるので、手作りは渡しづらい。

やはり必然的にブランドチョコを用意してしまう。

職場で他の女性も渡すので、手作りにした場合に僻まれたり。

女性たちから嫌われる可能性も出てくるので定番のブランドチョコを用意します。

上司だと、普段の会話からある程度老舗のお店や、人気店などに詳しかったりするのでブランド力のあるものを選ぶようにしている。

チョコを渡す人によってチョコを分けたりするの?

チョコの種類やレベル、そして値段はいろいろありますよね。

チョコを渡す人によって違いはあるのでしょうか。

また、渡す人によってチョコを分けたりするのでしょうか。気になるこの点についてみてみましょう。

選びます。お付き合いしている男性ならば、手作りでも構わない。

ブランドチョコを買ってもどちらでも構わないので気にしない。

職場の男性となると、どこのブランドにしようか?何個位入っている物にしようか?

ギフトのテーマは?などかなり気を使う。

買いに行くデパートも大手百貨店のイベント会場を数カ所行って吟味する。

直属の上司であれば、¥1000位を目安に選ぶかな。

さらにその上司クラスになれば、¥2000位を目安に選んでいると思う。

上司でもランクがあるので差はつけている。

ズバリ!チョコの渡し方って?

チョコの渡し方ってホントに人それぞれですよね。

気になるチョコの渡し方についてみてみましょう。

直属の上司に渡す場合は、昼休みに入る前の頃合いを見て、直接渡す様にしている。

他の女性で渡す人がいれば、一緒に持ち寄る様に声をかけて、自分だけ抜け駆けする様な真似は絶対にしないよう心がけている。

さらにその上司に渡す場合は、当日に現場にいない事もあるのでバレンタインデーの前後で、スケジュールで現場に来る日を調べて渡している。

その為、数日早かったら、遅かったりするが、説明を加えて渡している。

お付き合いしている男性も当日会えなくても別日に渡している。



チョコの予算はどうしてるの?

他にも気になるのはチョコの値段ですよね。みんなどのくらいチョコに使っているのかな?

ほかの人のチョコのお値段事情を覗いてみたいと思います。

お付き合いしている男性なら、数千円を目安に、一箱に10粒位は入っている物にしていると思う。

もしくは、一箱に数粒しか入ってないチョコで千円位のブランドチョコを2つ買う。

一人一箱で私も一緒に食べる。直属の上司なら、千円位を目安に一箱数粒入っていれば十分だと思う。

更に上の上司は、二千円位を目安に10粒以上あるブランドチョコを目安に。

少し足が出ても構わない。基本的に上司は、甘い物好きなのである程度の量が欲しいみたい。

以上、バレンタインチョコの人気。

そして、手作りなのか、買うのかどっち派なのか。

さらにはチョコの渡し方から値段まで、気になることを口コミ情報をもとにみてみました!

ここを渡そうと思っている人は、この情報を役に立てて楽しいバレンタインをチョコとともに過ごして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました