早見優ZUMBA(ズンバ)教室の場所はどこ?英語やダンスの評判!

芸能

早見優さんは、80年代アイドルとして、大人気でした。

現在も、歌手活動のほかに、幅広い活躍しています。

その中でも、特に注目されているのが、ダンス講師なのです。

教えているのは、ZUMBA(ズンバ)というダンスです。

どんなダンスなのでしょうか。早見優さんのレッスンが受けられる教室は大人気だそうです。

どこで教えているのか、教室の場所を調べてみました。

また、英語力を生かし、語学番組や本の出版もしています。

英語力やダンス講師の評判や実力はどうなのか気になりますね。

多才な早見優さんについて調べてみました。

スポンサーリンク




早見優さん!アイドルからZUMBA(ズンバ)へ!

早見優さんは、1982年に歌手としてデビューしています。

1983年4月に発売された5枚目のシングルが「夏色のナンシー」になります。

小麦色に焼け健康的な早見優さんのイメージにピッタリでしたね。

初のオリコン週間チャートTOP10入りしました。

また、このヒット曲で1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』に初出場しています。

この曲が、現在再ブレイク中なのです。

しかも、世界中で人気になっているそうです。

理由は、ZUMBA(ズンバ)の人気でした。

「夏色のナンシー」が、世界で公式曲として使われているのです。

現代版は、アメリカ在住のラテン音楽家のレイ・エル・インヘニエさんという方がアレンジしたバージョンになります。ゆったりとしたリズムで踊りやすくなっています。

ダンス用に曲がアレンジされています。

タイトルも「Na-Tsu-I-Ro-No Nancy (Summer Nancy) 」とインターナショナルちっくな表現になっていますね。

現在、愛好家は、185ヵ国位以上で1,500万人以上といわれています。スゴイ数の人が「夏色のナンシー」に合わせて、世界中で踊っているのです。

ところで、「ZUNBA」(ズンバ)とは、アメリカで生まれたフィットネスのダンスになります。

ZUMBA(ズンバ)を創作したのは、コロンビア人のダンサーのアルベルト・ベト・ペレスさんという方でした。

コロンビアでは、お祭り騒ぎという意味もあるようです。

ラテンの国ならではのお祭り騒ぎのようにノリの良いダンスになります。

最初は、ルンバサイズと呼ばれていたようです。

ベトさんがアメリカ渡り、ZUMBA(ズンバ)ダンスとして広まりました。

ダンス講師の指導で動くというよりは、マネをする形になります。

マネがむずかしい人は、足の動きだけ合わせるだけでもいいのです。

要は、楽しく踊ることが1番ということですね。

年齢を問わずに、誰でも踊れるところも人気になのようですね。

また、ラテン曲のクンビア、サルサ、メレンゲ、レゲトンを基本にしています。

さらに、マンボやサンバ、ピップポップ、ベリーダンスなど世界中の曲が加わっています。

ZUMBA(ズンバ)には、2016年からJPOPも加わりました。

いろいろな国のステップやリズムが入っているので、馴染みやすいのです。

こんなところも、多くの人たちに親しまれている理由にようですね。

早見優さんのZUMBA(ズンバ)教室の場所はどこ?

80年代アイドルが、現在はダンス講師もやっているとは驚きでしたね。

では、どこで教えているのか、場所について調べてみました。

教室の名前は、「Avity代官山」になります。場所は、東京都渋谷区代官山でした。


やっぱり、オシャレな場所にありますね。本人がダンス講師としてレッスンすることがあります

直接レッスンが受けられるとあって、大人気の講座になっています

全国から、参加するファンもいるそうです。

レッスン料は、1回60~70分で、3300円から4000円くらいになります。

良心的なお値段ですね。そのため、超人気で予約がすぐに埋まってしまうようです。

参加者は、抽選になってしまうこともあるようですね。

教室の参加申し込み方法は、「Avity代官山」ホームページになります。

または、早見優さん自身のブログでも、お知らせを出しています。

メールで申し込みになっています。「Avity代官山」、渋谷区猿楽町5-10 ISビル、03-6416-0625

早見優さんの英語やダンス講師の評判は?

早見優さんは、若い頃から英語力がスゴイと評判でした。

バイリンガルタレントの元祖でもあります。

流暢な会話力を生かして、司会や英会話番組でも活躍してきました。

この英語力は、育ってきた環境によるものになります。

早見優さんといえば、ハワイ育ちのイメージがありますね。

しかし、意外にも出生地は、静岡県の熱海市でした。両親が離婚したために、3歳からグアムで育っていました。

そして、7歳から14歳までがハワイで育っ

ていました。英語圏での生活が長かったのです。

だから、ネイティブ並みの英語が話せるのですね。

ハワイで、14歳のときにスカウトされました。

そして、芸能界に入るために、帰国しました。

しかし、父親は、ジャズシンガーでした。また、母親はモデルだったといわれています。

ですから、芸能界は、割と身近な場所だったのかもしれません。

また、現在はダンス講師としての活動をしていますが、実力はどうなのでしょうか。

いつに間にダンスを教えるようになったのでしょうか。

はじめたのは、10年くらい前だったそうです。

最初は、ラテン系のダンスが好きで、サルサダンスを習っていました。

ある時、ZUMBA(ズンバ)を、すすめられました。踊ってみたところ、楽しかったそうです。

そして、すっかり夢中になってしまったそうです。

また、元アイドルだったので、基本的にダンスのレッスンは受けていました。

歌って踊れたのです。もともと、踊ることは好きで、素養はあったのでしょう

ZUMBA(ズンバ)の実力は、2018年にインストラクターの資格を取りました。

さらに、世界的なライセンスであるPC(AFAAプライマリー・フィットネス・インストラクラー認定)の資格を取りました

かなり、本格的なダンス講師となっていたようですね。

短期間にこれだけの資格を取るなんてスゴイと評判になりました。

英語力だけではなく、ダンスの実力もあったのですね。

現在2人の子供の母親になります。

忙しい合間にダンス講師の資格まで取っていたのですね。

結婚は、1996年にしています。

子供は、現在、長女ありささんが19歳で、次女のかれんさんが17歳になりました。

子供も大きくなり、手が離れた頃でしょう。

きっと、自身の活動にもまい進できますね。

早見優さんは、いろいろなことを前向きに、楽しそうにこなしています。

そんな今の姿を応援するファンが多いのです。

これから、ZUMBA(ズンバ)が広まるとともに、早見優さんもますます活躍していきそうですね。これからも注目ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました