鍵屋の転職

鍵屋さんは未経験からの転職もしやすく、未経験からでも比較的目指しやすい仕事、職業だといわれています。

鍵屋さんになるには特に、公的な資格は必要ありません。

また、特別な学校に通う必要もありません。

このことも鍵屋さんは比較的なりやすい仕事、就職しやすい仕事、職業といわれる理由のひとつかもしれません。

鍵屋さんのキャリア

鍵屋さんのスクールに通い、基礎知識や基礎技術を学べば鍵屋さんとしてデビューできて、鍵屋さんとしてのキャリアをスタートすることができるのです。

鍵屋さんとして働いている先輩鍵屋さんのもとで働くことでステップアップしていく人が多いですね。鍵師としてベストな就職先を見つけることは簡単ではありません。

なかにはアルバイトから鍵屋さんのキャリアをスタートさせて順々に経験を積み上げていく方法を取る人も多くいます。

鍵屋さんの多くは大企業というより、個人事業主や中小企業の会社の方が圧倒的に多いのです。

複数の店舗を持つようなチェーン展開をしている店もありますが、個人で営業する人が多いので就職したいと思ったとき、理想とおりの鍵職人としての職場が見つかるとは限らないですね。

最近は鍵屋さんもIT化が進んでいて、スマホアプリを使った「スマートキー」と呼ばれる鍵も多く出てきていますよね。

鍵屋さんも日々進化する新しい鍵についていくために、勉強が必要になっています。

そのなかでも、これまでの鍵が必要とされることもたくさんあります。

それ故に鍵屋さんとしての専門技術や知識を持つ有能な鍵屋さんの需要もまだまだあるといえるのではないでしょうか。

同時に鍵屋さんを目指す人も増えていて、需要に対して鍵屋さんの数が増えすぎているという実態があることも事実です。

現代の社会は不安定ですよね。

組織や会社に依存しないで自分の力や技術力を活かして年齢関係なく活躍し続けたいという理由で鍵屋さんとして独立を目指す道に注目する人も増えてきていますね。

鍵屋さんは職人です。

役に立つ本物のスキルを身に付ければ年齢に関係なく働き続けることができますよね。

 

就職や求人の情報収集

統計によると鍵屋さんの仕事の売上の90%以上はお客様のところ、すなわち鍵の現場で対応する内容だといわれています。

会社や店舗を構えなくても、必要な工具や移動のために必要な車などがあれば、それだけで鍵屋さんの仕事はできます。

独立開業することもそれほど難しくはないといわれているのです。

鍵屋さんを続けていき、鍵屋さんとしてのキャリアを積み重ねて稼ぎ続けていきたいと考える人は早い段階での独立をする人が多いようですね。

就職や求人に関する情報を手に入れるためにはどうすればよいのでしょうか。

日本鍵師協会が主催している鍵師技能検定試験向けの講習を受けると、求人情報を教えてもらえたり、就職先を紹介してもらうという特典もあるようですね。

協会には一般には公表されていない情報も含めていろいろと集まるので頼りになる存在ではないでしょうか。

鍵屋さんには特殊な仕事もあり、特殊技能が必要な仕事だからか、個人では手に入れにくい情報や探しにくい情報が多々あるようなのです。

そんな時には心強い情報源として協会を頼ってみるのもひとつの方法だといえるのではないでしょうか。

人脈を広げていくことにも役立つ情報が手に入るかもしれませんよね。

 

就職のための面接対策

鍵屋さんとしてのキャリアをスタートするために企業に就職することを希望するのであれば、試験や面接の対策をする必要があることも覚えておきたいですね。

この面接の結果が合否を左右することもあります。

しっかりと事前対策しておきたいですよね。

主に面接で聞かれるポイントは、志望動機、鍵屋さんとしての勉強してきたことや現場での経験内容、そして将来の目標になるのではないでしょうか。

 

鍵師の将来性、見通し

 

鍵屋さんの仕事の将来性についてはどうでしょうか。

最近の鍵は技術の進歩でどんどん新しいものが増えてきています。

この流れに伴って、鍵屋さんも新しい鍵の技術を身につけていく必要がありますよね。

現在でも、鍵屋さんの需要は一定量はありますが、今後も続くかどうかや仕事量が劇的に増えていくということも難しいでしょう。

その中で、鍵屋さんとしての特徴を持って競合に勝ち残っていくとなると、やはり進歩が必要ですよね。

最近では、スマートフォンアプリを使って鍵の状態を管理する「スマートロック」という商品が市場に出てきています。

スマートロックが普及していくと、従来型の鍵が必要になることは減っていき、従来の鍵屋さんの技術の必要性は減っていくことでしょう。

一方で、現状のスマートロックの普及率は低いので、従来の鍵の姿が急に激変するのも考えにくいのも事実です。

スマートロックをはじめとした新しい鍵のシステム、鍵のカタチが広く普及するまでにしっかりと次の世代の鍵について勉強して新技術を習得することが鍵屋さんにも求められていくのではないでしょうか。

今後はさらに鍵のIT化が進み続けていくと思いますので、流れについていく力のある鍵屋さんにとってはチャンスといえるのでないでしょうか。

鍵屋さんとして独立するにしても、企業に就職して働いていくとしても、時代のニーズに合わせていくことが鍵屋さんとしての就職、転職、独立にも有利になるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました