スマホの生体認証キー

スマホことスマートフォンの認証キーの方式も日々進化していますよね。顔認証、指紋、虹彩と様々な認証方法があります。

買い物、カード決済、銀行の振込みなど、スマホでいろいろな事ができるようになるとともに機能をより安全に使えるように認証などのセキュリティの機能も生体認証を含めて複雑になってきています。

ユーザーからは使いやすい方が良いので便利なのですが安全面は大丈夫でしょうか。

ここではスマホの生体認証についてまとめてみたいと思います。

生体認証キーの技術進歩

指紋の認証センサーでも画期的なのに、それにくわえて顔認証や虹彩(Iris)認証など次々と新しい生体認証バイオメトリクス技術が誕生しています。

しかも、生体バイオメトリクス認証というと映画に出てくる未来の研究所など、もっとハイテクの世界のイメージがありました。

その最新テクノロジーである生体認証バイオメトリクス技術がスマホに使用され杯目ているのです。

生体バイオメトリクス認証の分野は進化が速いので、スマホメーカーなどもスピーディーな対応が必要になっています。

セキュリティ面もどんどん強化されているので、使う方としては嬉しいですよね。

Android端末がデフォルト機能として備えているパターン認証やPIN入力など、いろいろな組み合わせをすると、ホントにいろいろな認証方式の組み合わせができて安全で便利な端末セキュリティが実現できますね。

技術は画期的なのですが、現時点では少し心配点があるのが顔認証です。

理由は何でしょうか。

顔認証は写真を使うと偽装が可能になってしまい、セキュリティ面で心配点が残ります。

このために、正式なリリース前に対策が求められていて、改善に向けた対応が進められているそうです。

顔認証がデフォルト機能として普及すれば簡単便利で人気間違いなしですよね。

 

生体認証キーのメリット

スマホのモデルによっては、すでにバイオメトリクス認証機能のためのセンサーなどがついている機種もあります。

日常から普通に使っている方も多いのではないでしょうか。

バイオメトリクス認証のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

主なメリットは2つのメリットがあると思います。

ひとつはパスワードやPINコードを入力する際のわずらわしさの軽減です。

もうひとつのメリットは、ある程度以上のセキュリティが保たれることです。

スマホを使う度にロックを解除するのは手間で面倒ですが、セキュリティ面を考えると絶対に必要な機能ですよね。

特に盗難や紛失があった時には必要な機能だといえるでしょう。

スマホの端末内部に保存されている情報を守るため、そして安全性が保つためにも面倒ですが、パスワードやPINコードの入力は必要でしょうね。

ただ、その手間を少しでも減らし、軽減するために生体バイオメトリクス認証が注目を集めているといえるでしょう。

 

 

指紋認証について

現時点で最も普及していて一般的になっている生体バイオメトリクス認証は指紋認証だといえるでしょう。

スマホの本体に指紋センサーがついていて、ユーザー自身がセンサーに指をあてて認証される仕組みです。

指紋はあらかじめ登録しておく必要があります。

技術の進歩によって認証にかかる時間が短くなってきていますが、それでもセンサーがうまく作動しなかったり、指の位置により指紋の読み取りに失敗することはまだあります。

このために、1つの指で複数のパターンの登録したり、複数の指の指紋を登録することによって、どの指でも認証できるようにしておくと安心だといえますね。

ただ、指が乾いている状態でないと指紋を読み取ることができないので、指をきれいにして乾かしておくことが必要です。

指紋認証の心配点は、指紋を登録した人が寝ていても指をセンサーにあてさえすれば認証されることや、指紋の偽装です。

どの認証方法を採用しても違法操作や偽装はでてくる可能性はありますが、リスクを極力減らすことはできるのではないでしょうか。

スマホの端末側の課題としては、指紋センサーをスマホに搭載するためのスペースをスマホ端末のどこかに確保する必要もありますよね。

アンドロイド端末で人気があり有名なGalaxy S8を例にみてみましょう。

Galaxy S8は、指紋センサーのホームボタンを廃止したので、スマホ端末の後ろ側にセンサーを移動しました。

たしかに、スマホの後ろ側、背面にセンサーを設けているスマホ端末は多いですね。

ほかにも、スマホのディスプレイパネル全体にかけて指紋センサーを搭載する端末も出てきていますね。

ただ、このディスプレイパネルにセンサーを設けるモデルは、高コストにもつながるのであまり普及しないのではないかともいわれています。

iPhoneでは、タッチIDという指紋センサーを採用しているのですが、ホームボタン廃止などの課題もあります。

このことから、新技術を応用して顔認証や虹彩認証を採用するモデルを復旧させるかもしれませんね。

 

生体認証と決済システム

生体バイオメトリクスの認証の進化は決済システムにも深い関わりがありますよね。

日々、どんどん便利になっていく決済システムの技術。

わかりやすいのはキャッシュレスでのスマホ決済システムですよね。PayPay、Line Pay、Amazon Pay, 楽天のR-Payなどたくさんのスマホ決済サービスが発表されています。将来的にはスマホ決済のシステムにも生体バイオメトリクス技術が採用されるかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました