鍵屋さんの勤務時間と休日

鍵屋さんの仕事は、依頼主であるお客様の依頼内容に大きく左右されます。

多くの場合は至急の緊急対応のケースがあるのでキッチリと時間を決めたり勤務時間を予測することは難しいといえます。

鍵に関するトラブルはいつ発生するかわかりません。

鍵屋さんとしては、いつでもお客様の依頼内容に対応できるよう365日、24時間体制でスタンバイしている必要があるといえるでしょう。

そんな鍵屋さんの勤務時間、仕事時間についてまとめてみたいと思います。

 

鍵屋さんの勤務スタイル

 

鍵屋さんの仕事の中にはあらかじめ日時が決められている予定作業もありますが、急なトラブル対応の依頼もとても多くあります。

そのため、鍵屋さんは常に出動できる体制でいる必要があるといえるでしょう。

多くの鍵屋さんは、何人かのスタッフによる交代制勤務スタイルが多いですが、生活パターンは決まったものではなく不規則になることは避けられません。

鍵屋さんに勤めている場合はシフト制での勤務時間が多いですが、独立して自分で開業した場合には、自分ひとりで動かなくてはならないことも多いでしょう。

特に従業員やスタッフを雇用していない間の勤務時間はとても不規則であることが多いようです。

従業員やスタッフを多く雇用できるようになれば、営業時間を伸ばしてシフトも柔軟に組むことができるようになりますね。

基本的には、休みは不定休で仕事の忙しさの波は大きいものと理解していた方が良いでしょう。

月や日によって、仕事量にも波があるようです。

予定が組みにくい点は悩みになる人も多いかもしれませんね。

 

鍵屋さんスケジュール

 

それでは、独立して開業した鍵屋さんの1日のスケジュールや仕事の流れの例をみてみましょう。

鍵屋さんの仕事の依頼内容は本当にいろいろあります。

お客さまからの仕事依頼があると、すぐに現場に駆け付けて作業をすることが多くあります。

9:00 お客様からの依頼。

朝イチで、自宅の鍵を失くしてしまったお客さまからの仕事依頼が入る。

車に道具を詰め込み、すぐに現場に向かいます。

9:20 お客様先に到着して、現場にて作業開始。

お客様と挨拶、依頼作業内容の確認をしたら作業開始。

自宅ドアの鍵を開けて、失くした鍵の合い鍵を作成する。

10:30作業終了

12:30 インロックトラブル(車の鍵の開錠)

インロック、車の中に鍵を入れたまま、ドアのカギを閉めてしまったお客様からの依頼。

車の種類によって開錠の方法や技術が違います。

問題なく、車の開錠を終了して帰社。

14:30 ランチタイム。

食事の時間はいつもバラバラです。

仕事の数や現場の場所によっては、ランチを抜くことや車で移動しながらのランチもあったりします。

17:00 ポスティング活動

営業の活動のひとつとしてポスティングをする。

活動エリア内にチラシをポスティングします。
21:00 金庫開錠の依頼。

飲食店からの依頼が入る。

金庫の鍵を紛失してたので開錠依頼。

現場に急行して作業開始。作業完了。

22:00 帰宅、夕食。

2:00am 自宅の鍵を失くしたお客様からの依頼。

自分は就寝中だったが、起床して現場に急行するとすぐに作業開始。

作業を終了して、通常料金に深夜作業料金を追加した費用を受け取り帰宅。

以上、ごく普通の鍵屋さんの日常の一日でした。就寝中に連絡が入る深夜作業は大変ですよね。

鍵屋さんは、他と比べると比較的独立開業しやすい仕事ですが、常にリピーターを見込むことが難しい商売です。

なぜなら、鍵のトラブルはそうそう頻繁に起こることではないからです。

したがって、常に新しいお客さまを探す努力が必要になってきます。

営業活動は、とても大切な仕事内容になってきますね。

鍵屋さんの休日

 

それでは、鍵屋さんの休日についてはどうなっているのでしょうか。

鍵屋さんの休日については、勤務時間と同じように不規則になります。

鍵屋さんに勤める場合は、やはり勤務シフトで他の従業員との兼ね合いで休みを取ることが通常のようです。

休日の数についてはフルタイム従業員のケースですと週休2日くらいが多いようです。

鍵屋さんとして独立して自分で開業している場合には、さらに休みは不定期になると思われます。

従業員を抱えている人は従業員との交代制での休みが一般的ですし、自分ひとりで対応している場合には、休める時に休むという形になるのではないでしょうか。

以上、鍵屋さんの勤務時間や勤務スタイル、そして休日の事情などについてまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました