安くて良い鍵屋を見けるなら、小さな鍵屋を探そう!

鍵屋さんって、身近じゃないですよね?鍵をなくしてしまい家に入れなくなってしまった、車の鍵をインロックしてしまった、引っ越しをしたのでシリンダーの交換をしたい・・・などの状況になった場合、初めて鍵屋さんを呼ぼう!となりますよね。なので鍵を失くしたりして鍵屋さんを呼ぶケースは人生の中である人はあるでしょうが、ない人はない!そんな位置ですよね。そんなに何度も鍵屋さんのお世話になっている人は少ないと思います。よほど忘れっぽい人などでしょうか?

そして、いざ鍵屋さんを呼ぼうと思ったときに、これが結構大変なのです。経験したことがある人はわかると思いますが、なかなか安くて良い鍵屋さんを見つけるのは難しいのが今の現状です。「えっ?でもインターネットで探せば見つかるんじゃない?」と思われる方は多いと思いますが、その便利なインターネットが当たり前のツールになった今だから逆に大変といえるのではないでしょうか。

その話をする前に昔はどんなだったかをお話しします。

20年前の鍵屋はこんな感じでした

私も鍵屋を初めて22年ぐらいなのですが、始めた頃はまだインターネットも今ほど普及していなかったので、仕事の依頼はもっぱら104かタウンページでした。なので、出張するお客様宅も近場の依頼がほとんどでした。1つの町に鍵屋さんは2~3件、定かではないですが、今と比べるととても少なかったと思います。さらに40年前などは当然もっと少なく、それはそれで鍵屋を探すのが難しかったかもしれないですね。

インターネットが普及していなかった当時は、自分たち鍵屋にとっては正直良い時代でした。

ホームページを作ったり、それが上位表示されるようにがんばったりすることはなく、当時はタウンページか104からの仕事が殆どでしたから。逆に言うと営業せずに依頼が来る仕事でもありました。いい時代でした。

そしてお客様にとっても良かったのだと思います。鍵をなくして104でどこどこの近くの鍵屋を教えてと言うと3件ぐらい教えてくれて、その中から早く来てくれて安い鍵屋を選べばよいのですから、しかもその土地にある鍵屋がほとんどですから、安心して頼めたと思います。

現在の鍵屋の現状

そして現在の話に戻ります。今は鍵を失くすとネットで調べますよね。ずらーっと鍵屋の名前が並びます。いったいどこの鍵屋にしようかと思いますよね?焦っているお客様は早く表示されている鍵屋さんから電話をする傾向はあると思います。また少しでも安い鍵屋を見つけるためにじっくりいろいろな所に電話する人もいるでしょう。しかし、それでも上から10個または20個ぐらいはほとんどが大きな会社です。そういった資本力のある鍵屋のホームページは全国対応でとても安いイメージで安心して頼める雰囲気を出して宣伝します。お客さんは少しでも安いところを見付けたい訳ですから、何ヵ所か電話して一番安そうな所に決めるでしょう。しかし、残念ながらその電話した中には安い鍵屋さんはほとんどないはずです。なぜならば、そのような会社は仕事を受けるのがメインの仕事で、取った依頼を私共のような小さな鍵屋さんに卸す訳です。ということは当然、そこにはマージンが発生するのが世の仕組み。10社あったら足並みそろえて売り上げの40%支払わなくてはいけない仕組みです。ということは単純に考えて、その40%は小さな鍵屋さんとお客様が負担することになりますので小さな鍵屋さんを探した方が負担は当然少ないです。ネットではなくてできれば104やタウンページで探すことをおすすめします。それでも大手はお客様宅の近くの場所から緊急で向かうようにお話しすると思いますので、電話したら実際にその住所にお店があるか確認して聞いてみると良いかもしれません。その電話に出た方がお話しの上手なオペレーターさんであれば大手、職人さんぽい詳しく現状を聞いてきてくれる人が電話に出たら小さな鍵屋さんだと思ってください。

小さな鍵屋さんは電話見積もりで概算、良心的で安心

大手の会社に電話がつながった場合の大抵の流れは、「家の鍵を失くしてしまったので、鍵を開けてほしいのですが、いくらかかりますか?」とお客様が言いましたら「7000円からです。鍵によって違いますので詳しくは現場で作業員に聞いてください。」と安く答える傾向があります。そうすると一般のお客様は7000円ぐらいで開けてくれるのだろうと思いますよね?この「から」が曲者なのです。現場に行くと「この鍵は防犯性の高い鍵ですので、20000円です。」という風になります。当然、お客様は納得いかず・・・ということもあります。

小さな鍵屋さんに電話がつながるとどうなるか、どんな形状の鍵がついていますかなど事細かに扉の情報を聞き、ほぼほぼ出張費も入れてトータルでおいくらぐらいで出来ますよ。と答えて差し上げられます。そして40%のマージンを考えれば値段も2、3割安く出来る訳ですから直接小さな鍵屋さんにかけた方が良いことがわかります。

しかしここでもせっかく適正価格(上の例では20000円のところが15000円で出来ます)を聞いても前に電話したところは7000円って言ってたなとなり、大手の会社に戻ってしまうケースも多々あると思います。

そういう訳で、小さな鍵屋さんにたどり着くのはとても難しいのです。

まとめ

鍵屋さんを探すのは非常に難しいということです。

このブログを読んだ人は、小さな鍵屋さんを探していただけるでしょうが、それでもきっと探すのは難しいと思います。より良い方法で鍵屋さんをさがし、皆さまが良心的な鍵屋さんに出会えることを願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする