黒人差別問題でアメリカや世界の暴動デモ!トランプ大統領の影響は?⑦

話題

2020年5月25日にアメリカミネソタ州ミネアポリスで発生したジョージ・フロイドさんへの暴力騒動。

このことがきっかけとなって、全米アメリカ中で暴動デモが起きました。

全米アメリカだけにとどまらず、反差別暴動や抗議活動デモは世界中に広がっていきました。

もともとは、ミネアポリスの警察官4人がジョージ・フロイドさんに暴行をはたらき、命を落とさせてしまったことでした。

警察官全員がジョージ・フロイドさんが命を落としたことに加担したのでした。

フロイドさんの首をひざで押さえつけた警察官は罪に問われて起訴されましたが、他の3人の警察官は警察を解雇されるだけの処分でした。

黒人に対する暴挙や差別への抗議活動が起きて、あっという間に全米中そして世界中へと広がりました。

ここでは、黒人差別問題が発端で起きた全米アメリカ中、そして世界で起きている暴動デモについて。

さらには、トランプ大統領の対応や政権への影響について触れてみたいと思います。

口コミの情報をまとめた内容ですので、いろいろな意見があることをご了承ください。

スポンサーリンク




黒人差別問題やアメリカや世界でのデモ暴動について

警察官4人によるジョージ・フロイドさんに対する暴行がきっかけで世界中で暴動やデモが起きています。

人種差別に対する抗議活動のデモですが、デモや暴動が起きていることについて世間の声はどうなのでしょうか。

口コミ情報をもとに触れてみたいと思います。

差別があることについては時間がかかると思いますが、徐々になくしていけるようにすべきだと思っています。

元々アメリカの歴史上、白人が優位に立っている時代が長かったこともあり、地域差もあるのでしょうが、それがまだ残っているので、今すぐに、スピーディに差別のない世界を実現するのは難しいと考えています。

特にある程度の年代以上の方になると、そういう環境で育った記憶も持っているので、意識を変えていくのは難しいです。

今、差別問題に加えて、世界的にいろいろと良くない要因(コロナのことやそれに伴う失業率の上昇など)もあるので、不満が募っている方が多いのも要因のひとつだと思いますが、多角的に改善ができるように政策を考えてほしいと思います。

黒人差別問題やアメリカや世界でのデモ暴動は、この先どうなるの?

世界中で起きている、人種差別に対する抗議活動のデモはこの先どうなるのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

トランプ大統領はもともと政治の人ではなく、ビジネスの人だという認識を個人的には持っています。

なので、少し見当違いな対応を取ってしまう可能性もあるかもしれませんし、彼は元より白人主義の傾向が歴代の大統領の中でも強いほうなのではないかと思うので、現状、容易には収束しないのではと考えています。

人種差別全体で見ると、どこの国でも少なからずあると思います。

日本では「白人・黒人」の差別はヨーロッパやアメリカほどきつくないと思うのですが、人種というよりは「外国人なのか日本人なのか」での区別は少なからずしている人が多いと感じます。

海外の人から見ると、それが「差別」であると感じてしまうケースもあるかもしれません。

もともと島国で外国人が珍しいという時代が長かった国ということもあり、多少はお国柄という部分もあるでしょう。

ただ、デモや暴動で何かを訴えるやり方自体は好ましいと思いません。

黒人差別問題アメリカや世界でのデモ暴動は、日本に影響

世界中で起きている、人種差別に対する抗議活動のデモが日本に与える影響はどんな影響なのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

個人的な意見ですが、実はそれほど大きく影響しないのでは、と思います。

やはり島国であること、独自の文化を持っていること、そして先述の通り、人種が「白人か黒人か」というよりも、「日本人か外国人か」での区別や意識が先にくる国民性であることから、デモや暴動の当事者にはなりにくいのではないかと考えているからです。

人によっては、もしかしたら「白人か黒人か」という意識を持つ日本人もいるかもしれませんが、そういう人は少数派のような気がします。

また、昨今の日本人はデモや暴動を積極的に行う国民性でもないので、影響はあったとして少数かと思っています。

 黒人差別問題アメリカや世界のデモ暴動!トランプ大統領選挙への影響

デモや暴動は、今年秋に控えているアメリカ大統領選挙にどんな影響を与えるのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。黒人差別問題が無影響とは思いません。

ただし争点がそれだけか、と言われたらそうとは言い切れないと思います。

確かに現職のトランプ大統領は、このままだと有色人種からの票をある程度ロストする可能性があると予想できますが、もともと白人票をすべて完璧に取り込めているのか、と言われればそうでもないと思います。

ただ、差別問題のほかに、コロナウィルスの問題や他国との外交による課題、経済など、争点や課題はたくさんあるので、そこだけをすべてと見て投票する選挙ではないはずです。

今、少し間違えると戦争が始まってしまう可能性も少なからずあると思いますから、有権者は差別問題以外の部分も見て投票先を考えると思います。

黒人差別問題アメリカや世界でのデモ暴動!トランプ大統領への影響

選挙を控えているトランプ大統領ですが、 人種差別への抗議がきっかけではじまったデモや暴動の影響はあるのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

有色人種からの支持率自体は下がるとは思いますが、現在の大統領としての任期はきちんと全うするはずです。

影響があるとすれば、次の選挙のほうでしょう。

差別問題を乗り越えてほかの部分でアピールしたり、成果を出せないと2期目の当選はちょっと厳しい情勢なのではないでしょうか。

ただし、対抗に出てくる候補者次第でもあるので、選挙についてはまだ何とも言えない状況と見ています。

打ち出す政策も重要ですが、選挙までの間に何らかの国際情勢の変化が起きないとも限りません。

選挙についてはそれなりに影響がありそうですが、少なくとも現状ではあまり大きな影響はないかと見ています。

黒人差別問題やアメリカや世界でのデモ暴動はいつ終わる?

続いているデモや、暴動はいつ終わるのでしょうか。

きっかけとなったミネアポリスでの騒動のあとも、全米各地で警察官による騒動が続いています。

デモや暴動がいつ終わるのか、口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

元々根深い問題です。差別問題自体は、徐々に時間をかけてゆるやかに解決するよりないと思います。

ただし、デモ自体は手の打ち方や社会情勢の変化によって、ある程度抑えていくことは可能なのかもしれません。

そのためには現在のトランプ大統領の手の打ち方次第、といったところでしょう。

ただ、彼自身が白人ですのであまり黒人側の気持ちには寄り添えないタイプと見ています(前職のオバマ大統領であればもっと上手く対処できそうなのですが、それは言っても仕方ないことなので)。

よって、差別問題の解決はまだまだ時間がかかる、デモの暴動は社会情勢や政治的な手腕次第で変わる、という意見です。

黒人差別問題アメリカや世界でのデモ暴動が東京オリンピックへの影響

デモや暴動が続くと東京オリンピックへの影響も心配されます。

東京オリンピックへの影響はあるのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

差別問題自体はそれほど影響しないと思います。

むしろコロナウィルスの収束状況やワクチンの開発状況などのほうが、よほど影響するのではないかと見ています。

第二波や第三波の感染が起きたり、または世界各国でなかなか感染者数が減らなかったりするほうが、オリンピックの中止や、一部の国の方々不参加につながってしまうのではという印象を持っているからです。

現状、アメリカやブラジルなど、感染者がかなり多い状況ですから、差別問題よりこちらのほうが大きいのではないでしょうか。

黒人差別問題やアメリカや世界でのデモ暴動について何でも!

現在の日本では、少なくとも日本人はあまりデモや暴動を起こさないので、どこか他人事に感じてしまう部分も少なからずありますし、日本から出ない生活をしているのならなおさらです。

ただ、日本人も白人ではなく黄色人種ですから、アメリカなどの国に行くとそれなりに差別されたり、区別されてしまうのは容易に予想できます。

それはあまり好ましいことではないですし、平和的に解決されることを願うばかりです。

とはいえ、差別の歴史が長く、そういう意識を持った人、そういう感性で生きてきた人も多いですから、やはり簡単に解決することはないと思います。

時間をかけながら歩み寄ったり、少なくともデモや暴動を起こさずに話し合っていき、少しずつ前に進む社会であってほしいです。

黒人差別問題がきっかけとなったデモや暴動についてのコメントです。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

以上、2020年5月25日にアメリカミネソタ州ミネアポリスで起こったジョージ・フロイドさんへの事件がきっかけで全米アメリカ発世界の暴動やデモについてお話ししました。

口コミの情報をまとめた内容ですので、いろいろな意見があることをご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました