黒人差別問題でアメリカや世界の暴動デモ!トランプ大統領の影響は?⑧

話題

2020年5月25日にアメリカミネソタ州ミネアポリスで発生したジョージ・フロイドさんへの暴力騒動。

このことがきっかけとなって、全米アメリカ中で暴動デモが起きました。

全米アメリカだけにとどまらず、反差別暴動や抗議活動デモは世界中に広がっていきました。

もともとは、ミネアポリスの警察官4人がジョージ・フロイドさんに暴行をはたらき、命を落とさせてしまったことでした。

警察官全員がジョージ・フロイドさんが命を落としたことに加担したのでした。

フロイドさんの首をひざで押さえつけた警察官は罪に問われて起訴されましたが、他の3人の警察官は警察を解雇されるだけの処分でした。

黒人に対する暴挙や差別への抗議活動が起きて、あっという間に全米中そして世界中へと広がりました。

ここでは、黒人差別問題が発端で起きた全米アメリカ中、そして世界で起きている暴動デモについて。

さらには、トランプ大統領の対応や政権への影響について触れてみたいと思います。

口コミの情報をまとめた内容ですので、いろいろな意見があることをご了承ください。

スポンサーリンク




黒人差別問題やアメリカや世界でのデモ暴動について

警察官4人によるジョージ・フロイドさんに対する暴行がきっかけで世界中で暴動やデモが起きています。

人種差別に対する抗議活動のデモですが、デモや暴動が起きていることについて世間の声はどうなのでしょうか。

口コミ情報をもとに触れてみたいと思います。アメリカの人種差別は日常的にあるっぽい(日本と比べると)し、黒人以外の差別もしばしばあるはずなのだが、黒人差別ばっかり挙げているので今回もそれと同様の系列だと思います。

例えばリンカーンが奴隷解放とかで歴代大統領のトップにのし上がっているが、その一方でインディアンへの迫害は強くやっていると言う面があります。

つまり一見差別をなくそうとしている様に見えるが、白人黒人以外は差別をバリバリやっているので結局は偽善や詭弁を相変わらず展開している印象です。

黒人差別問題やアメリカや世界でのデモ暴動は、この先どうなるの?

世界中で起きている、人種差別に対する抗議活動のデモはこの先どうなるのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

デモを行う事で善人ぶりをアピールするのが目的の人がほとんどを占めるだろうから、そのうち廃れて忘れられるのではないかと思います。

黒人差別問題のデモと言うのが、レイシストではないアピールにはうってつけで一時的に流行しているだけたとしか思えません。

あとデモがアメリカやイギリスでも起きてるのは、彼らの先祖がアフリカにいる黒人たちを多量にかどわかして奴隷化していて、リンカーンの政治活動で罪悪感的なものを感じてるんじゃないかと感じます。

黒人差別問題アメリカや世界でのデモ暴動は、日本に影響

世界中で起きている、人種差別に対する抗議活動のデモが日本に与える影響はどんな影響なのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

確かこのデモ行動は、日本でも行われたと言う話らしいので、すでに影響を与えているっぽいです。

ただ政治に影響があるかと言うとそれは違うと思いますし、世論の影響はどうかと言うとそんな事は無いと言う印象があります。

実際の人種差別問題で頭がいたいのが、韓国の国が率先してやっている反日活動やら北朝鮮の行動やら、コロナ騒ぎによる医療従事者やら感染に絡んだ差別の問題の方が深刻になっている問題点で、日本の影響は尋常じゃないと思います。

 黒人差別問題アメリカや世界のデモ暴動!トランプ大統領選挙への影響

デモや暴動は、今年秋に控えているアメリカ大統領選挙にどんな影響を与えるのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

そもそも今の大統領のトランプ大統領がしばしばレイシスト発言をしているので、国民の中でも白人が同調してレイシストぶりがひどくなって今回の事件になってしまった面もあると思います。

実際その前のオバマ大統領の時はこんな騒動はなかったと記憶していますので。

黒人差別問題や今回のデモ行動はプロパガンダとして蹴落としの材料になり得るとは思いますが、本当に選挙から転落する切り札にはならない可能性があると前回の米大統領選挙でトランプが落ちるような話だったのに当選してる事から思います。

黒人差別問題アメリカや世界でのデモ暴動!トランプ大統領への影響

選挙を控えているトランプ大統領ですが、 人種差別への抗議がきっかけではじまったデモや暴動の影響はあるのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

元々トランプ大統領は、レイシスト発言をしばしば行っているので、ある意味今回の黒人差別問題やデモの暴動の最初のスイッチになっていると思われます。

ですからトランプ大統領に影響があると言うような面ではなくて、トランプ大統領自身にによる影響の結果が今回の暴動の根本点であると思います。よって影響があるという事は無い、もしくは影響があるように見えるだけで実際はダメージを与えていないという結果になる感じがしています。

黒人差別問題やアメリカや世界でのデモ暴動はいつ終わる?

続いているデモや、暴動はいつ終わるのでしょうか。

きっかけとなったミネアポリスでの騒動のあとも、全米各地で警察官による騒動が続いています。

デモや暴動がいつ終わるのか、口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

さしよりアメリカに絞って言えば、米大統領選挙が終わったら収束しそうだなと思います。

少なくとも世界レベルのデモ暴動はオリンピックで、搔き消えるのではないかと考えています。

黒人差別は世界レベルで起きている問題とは言えないので、黒人差別の度合いが低い国からしてみれば、それよりも重要な問題があるはずなのでそのまま消えると思います。

アメリカでは差別が日常だから、デモ暴動は収束しても差別自体は相変わらず行われているでしょう。

黒人差別問題アメリカや世界でのデモ暴動が東京オリンピックへの影響

デモや暴動が続くと東京オリンピックへの影響も心配されます。

東京オリンピックへの影響はあるのでしょうか。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

今回の東京オリンピックは、コロナによる流行によって簡易化での開催になった筈です。

ですからデモを行うというならば、デモをすると言うならばそれで人が集まってしまうことになり、三密の状態になってしまいます。

デモを行うために、コロナを広めて患者を増やすと言うリスクをあえて取るとは思えません。

これがアメリカだったら、平気で三密でデモを行って尋常ではないコロナ感染者を増やしてしまうでしょうし、コロナ感染による死亡者も増えるでしょうが。

黒人差別問題やアメリカや世界でのデモ暴動について何でも!

黒人差別問題がきっかけとなったデモや暴動についてのコメントです。

口コミ情報をもとに見てみたいと思います。

毎回こう言った黒人差別問題が、アメリカで取り上げられても黒人差別問題が改善するまでには至らないパターンの印象です。

相変わらずのアメリカ国内での白人の内心はレイシストなのにそうではないアピール活動で、本当に黒人差別を解決したいと思っている人は僅かなのだろうと思います。

黒人差別問題を解決しようにも、トップのトランプ大統領がレイシスト発言をしばしば行っているので、彼を支持している国民は元より国全体がレイシスト寄りになるのは止められないので彼が大統領である限りは同じことがまた起きる可能性はあると思います。

以上、2020年5月25日にアメリカミネソタ州ミネアポリスで起こったジョージ・フロイドさんへの事件がきっかけで全米アメリカ発世界の暴動やデモについてお話ししました。

口コミの情報をまとめた内容ですので、いろいろな意見があることをご了承ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました