大統領選挙アメリカ2020!日程や任期いつ?株価や為替の影響は?㉖

アメリカ大統領選挙2020

2020年のアメリカ大統領選挙の真っただ中ですね。

前回の大統領選挙の際には大波乱の末にトランプ大統領が誕生しました。

今回、現職のトランプ大統領の再選はあるのでしょうか。

あるいは他の候補者の攻勢によって政権が変わるのか、大変注目ですよね。

日本にとっても大きな影響があるアメリカ大統領選挙。

選挙の日程や大統領の任期いつまでなのかについて。

そして、大統領選挙にょる株価や為替の影響はどのくらいあるのでしょうか。

大注目のアメリカ大統領選挙2020について集めた口コミ情報をもとにお話ししたいと思います。

スポンサーリンク




アメリカ大統領選挙2020!勝つのは共和党と民主党どっち?

アメリカの議会には共和党と民主党の2大政党がありますよね。

アメリカ大統領選挙2020で政権を勝ち取るのはどちらの政党なのでしょうか。

口コミ情報をもとにお話ししてみたいと思います。

2020年アメリカ大統領選挙でトランプ氏の共和党が勝つと予測しています。

民主党からはバイデン元副大統領が出馬することになっていますが、カリスマ性の面でトランプ大統領の方が格段に上です。

また、トランプ大統領が打ち出している政策について紹介する中でなぜ、彼が再選すると思っているかという事について紹介していきたいと思います。

一つには彼は政治家出身ではなく商人として成功して政治家になったという事をアメリカ国民が支持しているからという事を紹介したいと思います。

アメリカ大統領選挙2020!注目の候補者は誰?

アメリカ大統領選挙2020!で注目されている候補者は誰なのでしょうか。

各候補者による熱い論戦が繰り広げられていますが、その注目の候補者について触れてみましょう。

トランプ大統領は自国最優先主義という事について原理主義者の様に振る舞い、環境問題に関するパリ協定の離脱を一方的に宣言、WHOが中国寄りで拠出金の全面支払い停止など話題に欠きません。

しかも中国と対立して、貿易戦争を拡げるなど世界の駄々っ子の様です。

今のトランプ大統領は環境問題、中国問題、コロナウィルスのパンデミックなど様々な問題で、威勢は良いのですがことごとく後手後手に回っています。

彼は大商人である父から財産を受け継ぎ、一代の財を成しました。

しかし国民には自分一人で成り上がったと嘘をつきました。

熱心なトランプ大統領支持者は嘘をついているトランプ大統領に関するのニュースをフェイクニュースだと言って真実の事実を信じようとしません。

現在の大統領!トランプ大統領どう思う?

現職のトランプ大統領は、人によって本当に賛否両論ですよね。

いろいろな意見があるトランプ大統領についてどう思っているのか。

ズバリ口コミ情報を聞いて集めてみました。

トランプ大統領の悪影響で日本はアメリカと中国の勢力争いに右往左往されることになりF35を42機買いました。

一機当たり147億円もするが、そのソフトウェアが未完成なため機関砲も赤外線ミサイルも撃てないと、ひどい状態です。

しかし、アメリカは軍産複合体であるため、トランプ大統領は心強きアメリカの商人として国民から一定の感謝と称賛を浴びることでしょう。

パンデミックで企業が次々とレイオフを続ける中、防衛産業の躍進はトランプ大統領なしではありえないでしょう。

ここに私はトランプ大統領が再選する一番の要因があると思います。

軍産複合体の死の商人としてのトランプ大統領の側面が逆に、パンデミック後の不況下では支持率の増加につながるという事実を見逃してはなりません。

アメリカ大統領選挙2020!トランプ大統領は再選する?

現職のトランプ大統領は、アメリカ大統領選挙2020で再選を果たすのでしょうか?

注目が集まるポイントですよね。

資金的にも実績も十分にあるトランプ大統領ですが、国民の受け止め方はどうなのでしょうか。

今、パンデミックによりアメリカ経済は4月時点で大恐慌以来最悪の14.7%の失業率になっています。

失業者は2050万人と目を覆うばかりの惨状です。

この余裕のない状態で、国際協調、環境重視を訴えても人々は日々のパンにありつくことで精一杯でしょう。

しかし、株価は上昇しています。

なぜなら、当の昔から株価は正当化出来ないほど上昇しており、日本株もアメリカ株の上昇により引きあげられています。

3月の株価下落は新型コロナウィルスがどれだけ経済に打撃を与えるのか分からないパニック相場だったと言えます。

それも収まりアメリカは商業を復興しようとしています。

なにも民主党を選ばずとも、今のアメリカ社会は、十分にやっていけますが、他国にその恩恵があるかというと、そうではないという所がトランプ大統領の基軸姿勢なのだと思います。

そして、危機に立たされた中間層や貧困層も挙ってトランプ大統領を支持することでしょう。

アメリカ大統領選挙2020!日本に与える影響って?

アメリカと日本の関係は親密で切っても切れない関係なのは誰もが知っていることですよね。

アメリカの大統領が誰になるかによって日本への影響も大きいといわれています。

アメリカ大統領選挙2020が日本に与える影響について口コミ情報を見ていきたいと思います。

日本もコロナ後の社会を考えたとき、アメリカにさらに一層の防衛費の拠出金の増額を余儀なくされるでしょう。

なぜなら中国がますます、台頭してくるからです。

ロシアもコロナ後勢力を拡大してくるでしょう。

パンデミック後そうしないと国民をたべさせることが出来なくなるからです。

日本に日米同盟の拠出金増額を求めてくる一方で武器の売り込みも激しさを増してくるでしょう。

日本は赤字国債を発行し続けて、デフレからインフレになり札束の重さでモノを売り買いすることになるでしょう。

また、牛肉、オレンジなどの農産物についてもさらに関税の引き下げを要求してくることでしょう。

日本の農家はボロボロになってしまう可能性があります。

アメリカ大統領選挙2020!株価や為替の影響は?

アメリカ大統領選挙2020は世界経済にとってとても重要ですよね。

株価や為替に与える影響について口コミ情報を見てみたいと思います。

2020年後の為替は、為替戦争もトランプ大統領は仕掛けています。

欧州中央銀行のドラギ総裁が追加利下げについて言及したところ、他国の金融政策に対して口出しをするという異例の行動をとりました。

ドルに対してユーロが安くなることに反発していて、歴代の大統領にはない強いドルに背を向ける政策で一環しています。

つまり日本が円高ドル安になるような政策になることでアメリカ製品が安く買えるように要求してくる可能性は十分にあるでしょう。

逆に日本製品はドル安によりアメリカに商品を売り込む際、高く価格設定をせざるを得ないでしょう。

アメリカ大統領選挙2020!コメント!

アメリカ大統領選挙2020について、何でもよいのでということで口コミコメントを集めてみました。

アメリカはこれまでは世界のリーダーでありましたが、中国や欧州などの勢力を抑え込もうとするあまり逆に世界からそっぽを向かれることでしょう。

そして世界の不安定化は進んでいきます。

自国第一主義とは国民受けして一面政治家にとっては楽かもしれません。

しかし、そのダメージは後からじわじわと自分の国を不況や非効率化に追い込み、乗り越えられるはずだった危機でも全部自分で抱え込むことになるなど、余裕のない状態になるでしょう。

そして生活者は富裕層と貧困層に二分化されていく事でしょう。

以上、アメリカ大統領選挙。

選挙の日程や大統領の任期はいつまでなのかについて。

そして、大統領選挙にょる株価や為替の影響について。

大注目のアメリカ大統領選挙2020について集めた口コミ情報をもとにお話ししました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました