自宅におくおすすめの金庫や鍵

自宅向けの金庫が注目を集めていますね。

家庭用の金庫といえば防犯対策のためかと思われるかもしれません。

しかし、現在は防犯対策だけではなく、火災や突然の災害などから大切なものを守るために利用されています。

自宅に家庭用の金庫があれば大切な書類や現金、その他の貴重品も自宅で安全に保管することができますよね。

金庫はどういう会社が作っているのでしょうか。

会社は、エーコーやセントリーという会社が有名ですが、一般的には耳慣れない会社名ですよね。

防犯向けの対策、耐火向けの対策、防水向けの対策、それぞれに向けた特徴があるようです。

さらには、金庫といえば大切な機能に鍵がありますよね。

自宅に置く金庫を選ぶときには、鍵のタイプについても考えたいですね。

自宅向けの金庫の鍵には、ダイヤル式、テンキー式などたくさんのバラエティがあります。

自宅の状況や目的に合った鍵が付いている金庫を選びたいですね。

金庫のサイズも大切な要素です。

自宅で大切なものを保管するには、設置場所、置き場所に合う適切なサイズを選ぶことが必要です。

自宅、家庭に設置する金庫をどうやって選べばよいのかについて触れてみましょう。

 

家庭用の金庫の選び方

それでは、はじめに自宅、家庭向けの金庫は目的や使いみち、それに置き場所に合ったものを選ぶことが大切なことです。

合わない金庫を選んでしまうと、あとあと使いにくいので苦労することもありますので気をつけたいものです。

あとあとになって、役に立たなかったとか使わなかったなんて状況は避けたいですね。

選択ミスをしないためにも、金庫購入前によく考えて大切な点を押さえておきたいですね。

最初に抑える点は金庫のタイプです。

金庫には据え置き型と手提げ型があります。

据え置き型は自宅に設置しておくタイプ。

手提げ型は、持ち運んで移動ができるタイプになります。

それでは、据え置き型の特徴から見ていきましょう。

据え置き型は防犯や防火機能に優れています。

大切なものを決まった場所に置いて大切に保管しておく目的に合っているタイプです。

据え置き型金庫の重量は重いです。

重量が重い分、丈夫に作られています。

金庫の重量が重いので、緊急時に金庫を自宅の外に持ち出すことはできなと考えておいた方が良いでしょう。

その分、防犯性や耐火性に優れているので安心できる面もあります。

金庫を設置する場所にも気をつけたいですよね。

重量が重いので床にかかる負担はあ相当なものになります。

床がどのくらいの重量まで耐えられるのかを確認しておきましょう。

丈夫で重いので、その分値段も高いものが多いです。

火災や災害など緊急時自宅から持ち出して避難したい方向けには、手提げ型金庫がよいのではないでしょうか。

手提げ型金庫は、置き場所の制限を受けずに比較的どこにでも置くことができます。

また、金庫の重量も軽いために、緊急時には自宅から持ち運ぶことができます。

預金通帳や印鑑、重要書類など緊急時に自宅から持ち出す必要があるものを保管する方におすすめの金庫です。

手提げ型の金庫は、据え置き型金庫よりも安価な価格のモノが多く揃っています。

手提げ型の金庫の方が価格的には求めやすくなっています。

ただ、手提げ型の金庫は防犯、耐火機能面で据え置き型金庫よりも、どうしても機能面で弱いところがあります。

金庫のサイズもコンパクトなものが多いので、内容のキャパシティに制限があることがあります。

 

金庫や鍵を選ぶときのポイント

金庫や鍵を選ぶ時にまず大事で考えたいことは、なんといっても利便性と防犯性の両方でしょう。

ただ、どちらに重きをおくのかを決めておいた方が良いかもしれません。

利便性と防犯性のうち、どちらを優先するかによって、鍵のタイプも変わってくるといえるでしょう。

 

磁気カード式キー

 

まずは磁気カードの電子ロックタイプです。

この鍵は磁気カードなのです。

利便性、防犯性の両面に優れているといえるでしょう。

有名なセキュリティ会社の防犯対策にも採用されているほどのスペックを誇ります。

まさに、安全性の面が優れていることの証明ではないでしょうか。

磁気カードキーをスライダーにスライドすることで鍵が解錠されます。

簡単シンプルで利便性も高いですよね。

テンキーと合わせて強化された製品も多く輩出されています。

金庫は高価なモノが多いのですが、特に防犯性に重きをおき、優先度が高い場合には是非おすすめの金庫や鍵といえるでしょう

 

ダイヤル式キーの金庫

古くからあるダイヤル式キー型の金庫。

防犯性にも優れていて鍵に関するの安心度は抜群です。

金庫をイメージした時にダイヤル式キーの金庫を思い浮かべる人は多いと思います。

ダイヤル式キーの金庫の操作にはコツが必要なので、使いこなせるようになるまでには時間がかかり、少々大変かもしれませんね。

ただ、いったん慣れてしうと簡単に金庫の開閉ができるようになるので安心です。

そこも、昔から長い間使われている金庫だということが良くわかります。

 

以上、家庭におくおすすめの金庫や鍵についてまとめてきました。

金庫の購入を検討している方は、是非この内容を参考にして頂ければと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました