鍵屋に向いている人とはどのような人なのか

鍵屋さんに向いている人はどのような人なのでしょうか。

職人的なセンスや技術があって人とのコミュニケーションを取ることが好きな人にはもってこいの職業といえるのではないでしょうか。

鍵屋さんの仕事は、いろいろな道具や器具を使いながら繊細な作業を行うことが多いです。

そこには、ある程度の繊細さや器用さを求められるところも多く、手先が器用な人のほうが向いていますよね。

ひとつのことに集中して取り組むことができて、追及していける職人タイプが鍵屋さんの適性があるといえるでしょう。

スポンサーリンク




お客様とのコミュニケーションが取れる人

鍵屋さんは高い技術力を備える専門的な職業ですが、お客さま商売でもあります。

初対面の人とのコミュニケーションを取る場面も多く、いろいろな能力が必要な仕事です。

いろいろな人と上手にコミュニケーションを取る姿勢が必要になります。

鍵屋さんに依頼をしてくる方は緊急や急ぎの状況であることが多くあります。

そんな、急を要する事情をもったお客さまのことを理解して対応できる姿勢が必要になるといえます。

そして、サービスをしたとには、頼んで良かったといって頂けるような対応ができることが次の仕事につながります。

まさにお客様とのコミュニケーションと信頼が大切になってきますね。

 

お客様の信頼を得られる人

どんな仕事でもそうですが、お客様の依頼や期待に応えられたときやありがとうと感謝の気持ちを伝えて頂けたときほど嬉しいことは無いのではないでしょうか。

この仕事をしていて良かったと思える瞬間といえるでしょう。

鍵屋さんにとっても、やりがいを感じる瞬間は、お客さまからの依頼にきちんと応えることができ、ありがとうと御礼の言葉をかけてもらったときではないでしょうか。

お客様の多くは、鍵を紛失したり、車の中に鍵を置いたまま扉を閉じるインロック。

さらには車の中に閉じ込められてしまったりと非常事態や緊急事態に直面して急を要している方が多いです。

お客様は、不安を多く抱えているので、鍵屋さんとしては普通の状態ではないお客様を安心させて、しっかりとお客様の依頼に応える必要があります。

なかには難しくて難易度の高い場面に出会うこともありますし、緊張感が多い現場もあるでしょう。だからこそ、仕事をやり遂げた時に達成感は何にも代えがたいことも言えますよね。

 

手に職をつけて働くことが好きな人

鍵屋さんとしての専門知識や技術をもっての仕事は、まさに職人ですよね。

近年、世の中にある鍵はどんどん進化していて、どんどん高度で複雑になってきています。

同時に使う側としては安全便利になっているともいえます。

新しいタイプの鍵にも直ぐに対応するためには、鍵屋さんになってからも新しい技術についての勉強をしていく必要があります。

大変なことも多いですが、新しいことを覚えればその分だけ奥が深くてやりがいのある仕事ではないでしょうか。

 

独立開業を目指す人

鍵屋さんの仕事は、経験を積んで独立開業する人も多くいます。

独立開業をすると、お客様を探す営業活動から鍵の解錠や修理まで自分でこなさなくてはなりません。

大変ではありますが、その分、収入を大きく伸ばしていくことも可能になる仕事でもあります。

まさに、手に職をつけての独立開業であり、一生働き続けることも可能な仕事だといえるでしょう。

鍵屋さんは、専門スキルを身に付けて伸ばして新しい技術を勉強していくことができれば、年齢に関係なく長く働き続けることができる仕事です。

だからこそ、独立したいという気持ちが強くて独立開業を目指す人達が多いのが特徴ですよね。

鍵屋さんの中には、鍵に関係するトラブルや問題に対応して取り扱うチェーンタイプの店舗や防犯に関わる会社で活躍する人達も多いですが、鍵屋さんになる人の多くは大企業で働くよりも経験を積んで独立開業することを目指す人が多いようです。

鍵屋さんの仕事の内容は個人での作業が多いこともあり、店舗を持つというよりも仕事先に出向いての仕事も多いため、独立開業も比較的やりやすい職業といえます。

独立開業して成功するためには技術はさることながら営業力やお客様とのコミュニケーション、信頼も必要になります。

そのため、まずは鍵に関係する職場で働いて、経験を積んだ上で独立開業することが主流の流れになっています。

鍵屋さんの仕事は、お客さまから依頼を受けて現場へ出動して作業、対応するのが基本的な内容です。

鍵のトラブルや問題は突如として起こることが多いので、お客様の依頼に確実に対応していくには常に待機状態が必要になります。

鍵屋さんによっては24時間365日の体制で対応している鍵屋さんも多くあります。

企業であれば交代制のシフト勤務も可能ですが、独立開業した場合には営業時間も自分でコントロールする必要があります。

そのため、お休みも不定期になることが多くて、仕事量も日によってまちまちになります。仕事量や休暇についてはコントロールできないことを理解する必要があるでしょう。

これらの条件を理解してクリアできる人が鍵屋さんに向いていますし、鍵屋さんとして成功していくでしょう。

 

以上、鍵屋さんに向いている人や成功する人についてまとめてみました。

鍵屋さんもお客様向けの仕事ですので、お客様とのコミュニケーションがしっかり取れて、お客様からの信頼を得られる人。

そして、鍵屋さんとして手に職をつけてしっかりと仕事ができる人。

さらには独立開業を目指すことができる人に向いているといえる仕事といえるでしょう。

鍵屋さんになることを考えている方は、是非参考にして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました