テレワークとは意味を簡単に!メリットデメリットやリモートワーク違い㉔

コロナ

コロナ新型肺炎の影響でイッキに広まったテレワーク。

仕事によってはテレワークできる仕事もテレワークできない仕事もありますよね。

テレワークとは何なのでしょうか。

意味を簡単に説明すると共に世間の人たちの理解を見てみたいと思います。

また、テレワークのメリットやデメリットからリモートとの違いに触れます、テレワークによるストレスはあるのか。

働き方改革への影響はテレワークに必要なものについても触れてみたいと思います。

さらには、テレワークの今後についてもお話ししたいと思います。

スポンサーリンク




テレワークとは何?どう思う?意味を簡単に!

テレワーク(Tele-Work)とはテレコミュニケーション(Telecommunication)とワーク(Work)を合わせた和製英語の事です。

自宅や外出先から遠隔で仕事をすることができることを表しています。

英語では、リモートワーク(Remote Work)とか、ワークフロームホーム(Work from Home)というのが一般的です。

ですので、外国の方にテレワーク(Tele-Work)と言っても通じないことが多いでしょう。

日本でも広まりをみせているテレワークについての口コミ情報を見てみたいと思います。

テレワークや在宅勤務は今後さらに普及していくと思う。

日本はアメリカなどの先進国に比べ働く日数が多いが生産性は低いという印象であり、コロナウイルスのような緊急事態の際にもテレワークに切り替える企業はまだまだ少ない。

テレワークをすることで企業側は不必要なコストを削減できると思うし、デジタル化が進んでいるので非対面での営業活動なども積極的に行われていくと思う。

今回のコロナウイルスをきっかけにテレワークの有効性に気づき、採用していく企業が増えると思う。

テレワークのメリット!

ここでは、テレワークのメリットについて考えてみたいと思います。

また、テレワークの口コミ情報を見てみたいと思います。

メリットは上記の通り、不必要なコストを削減できるという点と、個人が自分の生活スタイルに合わせて仕事をできる点であると思う。

企業側は従業員の管理コストやオフィスにかかるコストの削減が可能になると思う。

また、従業員は結婚していたり、自分のやりたいことをする時間を確保できるメリットがある。

結婚していたり、子育てをしていたりする人にとっては有効な手段であるし、その他の人においても通勤時間を削減することで自由な時間が増えるしワークライフバランスの充実に繋がると思う。

テレワークのデメリット!

ここでは、テレワークのデメリットについて考えてみたいと思います。

また、テレワークの口コミ情報を見てみたいと思います。

デメリットとしては会社としての生産性が落ちる可能性があるという点です。

古い考え方ではありますが、やはりスーツを着て会社に来ることで仕事をするという気持ちになりますし、上司とのコミュニケーションも円滑になります。

テレワークになることで、従業員が今どのような仕事をしているのか管理することが難しくなりますし、誰にも監視されていないということで仕事に対するモチベーションが下がり、会社としての生産性が下がってしまう可能性があります。

テレワークとリモートワーク違い!どんなストレスがあるの?

普通に職場に行って仕事をしてもストレスってありますよね。

テレワークでの仕事は、場所を選ばず仕事ができるので、「良いっ!」って思えがちです。

ただ、良い面もあればそうではない一面もあるようですね。

ここでは、テレワークによるストレスについて口コミ情報を見てみたいと思います。

テレワークでのストレスは、仕事に集中することの難しさです。

家にいるとどうしてもテレビをつけてしまったり、ネットサーフィンをしてしまったりと自分に甘くなってしまいます。

しかし周りの状況が分からないため焦りというものもあまり感じず、やらなければいけないという気持ちはありながらだらだらとメリハリなく仕事をしてしまうことになります。

会社では同僚や上司がいるので緊張感があり仕事が終わると一息ついて飲みにいくということでメリハリがついて仕事ができます。

テレワークによる「働き方改革」への影響は?

テレワークが広まっていますが、このテレワークが世の中の働き方を変えるともいわれています。

これまでは職場に行って仕事をしていたスタイルが一般的でした。

これからは、職場に行かなくても自宅や職場以外の場所で仕事ができるようになる環境が整う日がくるのも近いかもしれませんね。

ここでは、テレワークによる「働き方改革」への影響がどうなるのかについての口コミ情報を見てみたいと思います。

「働き方改革」の救世主と言えるほどの効果はないと思います。

非対面での営業や、顧客との契約書や請求書のやりとり、企業間では手形の回収などが電子化されていくことで事業の効率化が図られていくと思います。

事業が効率化され不要な残業などがなくなることにより生産性向上が見込まれると思いますが、現状はやはり会社に来ることで仕事に対するモチベーションが上がることが考えられ、社内でのコミュニケーションも対面で行うことの方が重要性は高いと思います。

テレワークが変えることは「仕事に対する考え方」「現在の事業体系の見直し」であると思います。

仕事は会社に来てするものであるという固定概念を払拭し、ワークライフバランスの充実を図ることが出来るようになれば人々が仕事に対してもっと楽な考え方でのびのびと仕事ができるようになると思います。

また、テレワークを採用しても生産性を維持するために、企業側は不要な作業や工程を省略したり、工場では機械の自動化の推進などを考えたりするので、事業体系の見直しにもつながると思います。

テレワークや在宅勤務に必要なものって?

テレワークが広まって浸透するためには何が必要なのでしょうか?

ここでは、テレワークに必要なものについて、口コミ情報を見てみたいと思います。

テレワークで必要なものは「作業ツール」「従業員の意識」です。

会社で働く場合と同レベルのパソコン環境や設備がないと間違いなく企業の生産性は低下します。

テレワーク設備の導入が済んでいる企業は少なく、金融機関などは個人情報の取り扱いに対し厳しいルールがある為、そういうハードルをクリアすることも非常に重要な問題であると思います。

また、従業員一人一人が自宅で仕事をすることに対し慣れて生産性を上げるという意識が必要だと思います。

テレワークについて何でもコメント!

ひと口にテレワークと言っても、いろいろなスタイルのテレワークがありますよね。

自宅でテレワークをする人。

カフェでテレワークする人。

どこか、お気に入りの場所を見つけてテレワークする人などいろいろでしょう。

持ち歩くグッズにもこだわりがあるかもしれません。

ここでは、テレワークについてのフリーコメントを口コミ情報から見てみたいと思います。

テレワークをする上でお勧めの内容は、電話での営業やアポイント取得に関する仕事だと思います。

携帯電話は簡単に準備ができるので設備に関し少額のコストで済み、短期間で準備できます。

また、1日に何件電話をして何件アポイントを取得できたかなどの実績管理もしやすいので、生産性がどのように変わったのかも把握しやすいと思います。

また、テレワークをする際の工夫としては、自分が休日に過ごす空間とは別の空間で仕事をすることです。

休日に過ごす場所は生活リズムが染みついているのでだらけてしまいがちなので、カフェでも別の部屋でも、いつもと違う場所で仕事をすることが大事だと思います。

以上、コロナ新型肺炎の影響でイッキに世間に広まったテレワークについてお話ししました。

テレワークの意味を簡単に説明して、口コミ情報について触れてきました。

仕事によってはテレワークできる仕事もテレワークできない仕事もあります。

今後テレワークが働き方改革に与える影響。

また、テレワークのメリットやデメリットからリモートワークとの違いに触れてきました。

さらには、テレワークによるストレスについてもお話ししました。

テレワークの理解を深めると共に、テレワークの今後を考える時のためにこの記事を役立ててくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました