江戸時代の錠とは?和錠から現代の錠まで

江戸時代には和錠が有名な錠前でした。

江戸時代は和錠がとても発展した時代ともいえます。

それまでの戦国時代のように戦が行われなくなったため大量の武器職人が仕事を失くして世の中にあふれました。

それだけ、戦国時代には武器職人がたくさんいたのですね。

刀を作るのに必要な刀鍛冶など武器職人が次々と鍵職人に転職していったのです。

江戸時代まで使われていたのは海老錠でしたが、奈良時代からあまり進化はみられませんでした。

江戸時代に入ってから、和錠という新しいタイプの鍵が生まれました。

新しい錠前文化が出現したときでもありました。

和錠は、板状のバネが設けられている板バネ式の構造や仕組みが採用されいる錠前です。

四角い形ではあるのですが、左右の長さや形が同じではなく、非対称なのが最大の特徴になっています。

さらには、だれが作成したのかがわかるように、意匠が記されているのも大きな特徴のひとつになっています。

 

スポンサーリンク




江戸時代の錠前は和錠

錠前の職人たちの多くは武士や儲かっている商人たちの依頼を受けて豪華絢爛な錠前を作成していることが多くありました。

錠前に多くの資金を使えるお金持ちたちのために、錠前の職人たちは、ユニークで特徴のあるデザインの錠前を作っていったのでした。

さらには、優秀な作品には各藩からの報奨金やご褒美を受け取ることができるため、錠前職人たちは競って美しく機能的な錠前を作っていったのでした。

このころに誕生した和錠には主に次のようなものがあります。

阿波錠、土佐錠、因幡錠、安芸錠(ドンビキ錠)です。

阿波藩が誇る阿波錠は、阿波藩が産業で繁栄していたこともあり、豊かな藩なので阿波錠は豪華な装飾で有名です。

土佐藩は、戦国時代から刃物の産地で有名でした。

刀物にも採用されている玉鋼を材料に使用することによって、より頑丈で強固な錠前を作ることで有名でした。

しかも、精巧だというのが最大の特徴でもあります。

鳥取にあり砂丘でも有名な因幡は全国有数の砂鉄の産地です。

この砂鉄は鉄の製品を作るのには最強ともいわれていて、刃物や錠前にはもってこいと言われています。

安芸錠は、鍵穴の部分にヒキガエルのお腹のようなふくらみがあるため、別名「ドンビキ錠」という名前で有名です。

ドンビキとは安芸の方言のなのですね。

 

江戸時代以後、現代までの錠前

長い間鎖国をしていた日本ですが、鎖国の方針を改めて開国しました。

この開国とともにたくさんの外国文化が日本に入ってきました。

長く続いた江戸時代の文化も終わりに近づいているのです。

開国して海外との貿易が盛んになると、錠前も外国製のものがたくさん入ってきました。

それまでの日本製品よりも高性能のもの、豪華なものなどたくさんの錠前があることを知りました。

これをきっかけに、日本の錠前メーカーも海外の鍵を真似て鍵を国内で生産していくことを始めました。

ところが、まだまだ国産の鍵は海外製品のマネの域を超えることができませんでした。

技術的にも性能的も低く海外製品にはかなわなかったのです。

ただ、ここから日本のメーカーは試行錯誤を繰り返して世界でもトップクラスの製品を作り出したのです。

現代でも普通に使用されているシリンダー錠ですが、日本国内で最初に国産化に成功したのがGOALという錠前メーカーです。

いまもGOALは活躍していて業界でもトップクラスを走り続けています。

実際にGOALの錠前を使用している方も多いのではないでしょうか。GOALは、円筒錠の開発に成功した初の日本企業でもあり、電子錠のシステムにも早期から着手するなど積極的に活動しているメーカーです。

日本初が多く、技術力も高い企業として有名です。

高度経済成長の時期には、高性能な錠前も一気に一般家庭に浸透しました。

昔とは違って、錠前が玄関にあることが不通になっていきます。

「鍵っ子」という言葉も時代を反映することを表していました。

男性ばかりではなく、女性も外で働きに出るため、専業主婦の数が減りました。その分、子供がひとりで留守番することが多くなったのも時代の変化を表しています。

ここから、鍵っ子という言葉が生まれたのです。

いまは女性の社会進出は普通になり、女性が外で働くことはごく普通のこととして浸透しています。

同時に子供が鍵を持って学校に行き、自分で鍵を開けて家に入ることも普通の光景の時代です。

人々の生活の変化に伴って、錠前もどんどん進化しています。

以上、江戸時代の和錠から現代の錠前や生活に伴う錠前や関係する技術の進化についてお話ししました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました