ITの世界にも鍵が必要?暗号化の鍵の重要性

いまやITの世界で暗号化 という言葉を聞かない日はありませんよね。

ITに関わる大量のデータの送受信、特に機密性の高い重要なデータほど暗号化の処理をしてから送受信します。

暗号化された情報を受け取った人は、暗号化されているままの情報では読むことはできません。

文字化けしているみたいな文字の羅列に見えるからです。

人が読めるようにするためには、暗号化される前の元データにつけた鍵を開けて暗号化を解除しなくてはなりません。

大切なデータを他の人には読まれないように暗号化したり解除するには、専用の鍵を用意する必要があります。

 

スポンサーリンク




ITの世界にも鍵が必要?

 

この鍵によってメッセージを暗号化したり、暗号化の解除処理するのです。

鍵には特殊な仕掛けがしてあって一度きりだけしか使えない鍵を作り、使ったら自動的に無効に対応のものが多いのです。

鍵によって暗号化されているメッセージは暗号文 といわれています。暗号化の処理がされていなくて、だれにでも読まれてしまうデータは、プレーンテキスト といわれています。

暗号化によって暗号文章にされたデータは、暗号化解除鍵を持っている人にだけ見れるように安全に秘密を守られます。

暗号化解除鍵を持っていない人は、もちろん見ることができません。

 

暗号化のアルゴリズム

 

ここでは、暗号化のアルゴリズムにはどのようなものがあるのか見てみましょう。

対称暗号化アルゴリズム

まずは対称暗号化アルゴリズムです。

この対称暗号化アルゴリズムは、暗号化されるデータ用と暗号化解除用の両方に対して共通したひと つの鍵が付与されます。

暗号の鍵は暗号化解除用の鍵から計算することができて、 暗号化を解除するため鍵は暗号鍵から計算することができるのです。

 

非対称暗号化アルゴリズム

次にご紹介するのは、非対称暗号化アルゴリズムです。

非対称暗号化アルゴリズムは、データを暗号化するための鍵と暗号化されたデータを解除するための鍵がそれぞれ別の鍵を使用する必要があります。

ふたつの鍵のうちのひとつは公開鍵で、誰でも見ることや知ることができる一般公開される鍵のことです。

もうひとつの鍵は暗号化されたメッセージを受信した人や送信した人など、限られた人しか見ることができない秘密鍵です。

この公開鍵と 秘密鍵は、メッセージを暗号化する際に公開鍵を使用します。

暗号化されたメッセージを見る時に暗号化を解除する際に秘密鍵だけを使用する仕組みになっています。

 

暗号化に関してはいろいろな特徴があるので特別な対応が必要になってきます。

どんなことに気をつける必要があるのでしょうか。

まずは、機密漏洩です。

機密の漏洩は、非暗号化テキストの暗号鍵と暗号化されたメッセージに許可されている人以外のがアクセスした場合に起こります。

次にデータの損失です。

データの損失は、暗号化されたメッセージを解除するための鍵すべてのコピーが失われたときにおこる現象です。

暗号化を解除するための鍵を失くしてしまうと、暗号文を復号することができないので細心の注意を払う必要があります。

暗号化されたメッセージに含まれているデータは、暗号的に消去されたものとして解釈されます。

これにより、データのコピーが暗号的に消去された暗号メッセージの場合は、同じデータへのアクセスは永久にできなくなってしまいます。

 

暗号化の鍵の条件や重要性

 

暗号化されたメッセージ向けの鍵に必要なセキュリティーを保つためには、いろいろな施策が必要になります。

いろいろな手法を利用して、ほかの条件が満たされるようにしていきます。

 

また、対称暗号化アルゴリズムだけを利用する場合には、データの暗号化と暗号化解除に使用されるデータ鍵がキーになります。

このデータ鍵の暗号化と暗号化解除に使用される鍵(ラッピング鍵と呼ばれます)で暗号鍵を管理します。

暗号化メッセージを復号するためには、このラッピング鍵によって暗号メッセージのデータ鍵を暗号化解除します。

その上で、プレーンテキストのデータ鍵を利用します。

次に、暗号メッセージを復号して、プレーンテキストを入手します。

 

ラッピング鍵を保管する装置は鍵サーバーと呼ばれています。

暗号化されたデータ鍵を保管する設備は、ストレージと呼ばれています。

鍵サーバー は、暗号化ストレージ連携して、暗号化されたストレージの鍵管理に関連したセキュリティーの問題を解決していきます。

 

このように、ITの暗号化に関連する鍵についてはいろいろな最新技術が採用されています。

まだまだ、注目を集めているセキュリティー業界ですので、暗号化の鍵もどんどん発展していくことでしょう。

 

以上、ITの世界にも鍵が必要であること。

ITの世界での暗号化の鍵について触れてきました。

まだまだ、奥が深い暗号化のための鍵について、この情報が少しでも参考になり役に立つことができれば幸いです

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました