鍵の握り玉について

ドアにあるノブにはいろいろな形がありますよね。最近はレバータイプのものが主流となっていて多くみられます。

以前は玉状というかボールの形状をしているドアノブが多くみられたと思います。昔からあるこの玉状のドアノブは握ってひねることでドアを開閉するタイプです。

この玉の中にシリンダーが収まっているタイプになります。

製造される数量は減りましたが、住宅をはじめとしてまだまだ沢山使われています。

ここでは、この玉状のドアノブについてまとめながら、交換の方法についても触れてみたいと思います。

ドアノブの種類

玉状のドアノブの中でも種類はひとつではなく、いくつかの種類に分かれています。

まずは、MIWA社製のツースピンドルタイプがあります。

ツースピンドルタイプという種類は、錠前のドアノブを作動させるための軸板が表面についているものと内側についているものが各2枚ついていて、計4枚で構成されて動作するようになっているタイプです。

その他のメーカーのワンスピンドルタイプのインテグラル錠、室内側がボタン式モノロックタイプの円筒錠があります。

この2つのタイプの取り付け方法についてのお話をしていこうと思います。

ワンスピンドルタイプという種類は、錠前のドアノブを作動させるための軸板で、表面側から1本で内側と接続して動作するような構造になっています。

インテグラル錠

インテグラル錠は、主に玄関や勝手口などに多く使われている鍵の種類です。

別名として握り玉とも呼ばれていて、丸い球状のドアノブを回してドアを開け閉めします。

ドアノブの外側の中にシリンダーがあり、内側のノブの中にサムターンがついている構造になっています。

錠ケースもありますが、鍵ケースはラッチボルトとデットボルトが独立した形でついています。

ドアノブを連動させるスピンドルの中に「ツースピンドル」と「ワンスピンドル」と2種類のタイプあります。

ラッチボルトとは、錠ケースからドアノブを回すと引っ込むようになっている引っ掛かり部分をいいます。

鍵の仮締めの役割りをする部分になるので大切なパーツです。

デットボルトとは、錠ケースからサムターンを回すと飛び出てくるカンヌキのようなパーツです。

 

ツースピンドルタイプの交換方法

ここでは、ツースピンドルタイプの交換方法についてお話したいと思います。

内側の握り玉を根元の座から反時計周りに回して外します。

この時、回すのが硬くて、手で回しづらいことがあります。

その時には、根元部分をゴム付きのウォーターポンププライヤーなどで緩めると効果的です。ゴム付きのウォーターポンププライヤーを持っていない方もいますよね。

その場合は、缶のフタを緩めるゴムの道具などを使用すると良いでしょう。

この時気をつけたいのが鉄製のウォーターポンププライヤで作業することです。

鉄製のウォーターポンププライヤで作業すると、内側のドアノブに傷がついてしまったり凹みができてしまって壊したり、キズつけてしまいます。

注意してください。

ワンスピンドルの場合はノブの首の部分に穴が開いていたりして、引っ掛けて外す道具まで鍵の箱の中に同梱されています。

しかし、MIWA社製のHMタイプにはその穴がないので、MIWA社製のHMタイプを使う時には注意してください。

油をさすことも非常に大切ですので、是非行ってください。

内側のドアノブが外れるとビスが2本出てきますので、2本のビスを外すと外側のドアノブも外れます。

ここで鍵ケースの中へ油をさすと良いでしょう。

次に新しいドアノブを取り付けます。

このMIWA製のHMタイプにもドアの厚みが厚いタイプがあるので選ぶときに注意が必要です。

心棒の長さとツースピンドルの長さが違います。

外側からドアノブを差込んで、外した裏板をビスで固定します。

ビスはあまり強く締めない方がよいでしょう。

軽く締めていき止まるあたりで閉めるのを止めましょう。

強く締めすぎるとドアが凹んで、ドアノブの動きが硬くなり悪くなってしまいますので、気をつけたいですね。

この時、軸がセンターからズレているとドアノブの回りが硬くなり、ラッチボルトが元の位置に戻らないことが起きてしまいます。

その時は、ドアノブをグーで軽くたたいて、ドアノブがスムーズに回るいい位置を見つけなら元の位置に戻すと良いでしょう。

内側のドアノブを締めこんで、再度ノブの動きを確認して硬いようでしたら、再度グーでたたいて調整してみてください。

 

まとめ

今回は握り玉タイプの取り付け方を説明しましたが、インテグラル錠はセンターが出ないとノブの動きが悪くラッチが出てこないので注意してください。

そこに振動を与えて調節することが大切です。

こちらもスピンドルの形などの違いではまらなかったりすることもあるので、可能ならば外してホームセンター等に持って行って、直接モノを見ながら正しいものを購入するのがベストだと思います。

是非、握り玉タイプを扱うときの参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました