えなりかずき共演NG騒動!泉ピン子と会うと発疹?渡鬼追放の危機?

芸能

俳優のえなりかずきさんがどうしても共演NGできない役者がいるようです。

会うと発疹がでてしまうくらいの拒否反応な相手だそうです。

その人は、なんと泉ピン子さんでした。

渡鬼では、母親役で長い間一緒にドラマをつくってきた同士ではないですか。

また、渡鬼の共演NG騒動の関係を暴露したのは、脚本家の橋田寿賀子先生でした。

橋田壽賀子先生に嫌われて、渡鬼から追放危機にあるというウワサもあります。

いったい関係者の中で何がおこっていたのでしょうか。

もう、五月と眞の共演は見ることができないのか心配ですね。

いったい何がおこったのか気になります。

まさに、リアル渡鬼の真相を調べてみました。

スポンサーリンク




えなりかずきさん共演NG騒動!

えなりかずきさんは、ドラマの放送開始から、主人公の息子役として出演しています。

まだ5歳のときでした。

2019年現在で34歳になります。3歳のときから芸能界で活動をしています。

すでに芸歴は30年以上のベテラン俳優なのです。

そんなえなりかずきさんが、どうしても苦手で共演ができない役者がいることを暴露されてしまいました。

そのため、共演NGの相手と理由が注目されました。

おふたりの間に確執があったわけではなかったようです。

真相は、母親同士の女の確執だったといわれています。

つまり、ドラマの母親役と実の母親同士が、長い間にうまくいかなくなったことだそうです。

泉ピン子さんは、息子のようにかわいがってもいましたが、演技指導には厳しいこともあったそうです。

子供のころは、スタッフ大勢の前で母親が叱られたこともあったそうです。

プロの役者ですからね。しかし、決してイジメているわけではないと思います。

事実、自身がどうして嫌われてしまったのかわからないと言っているくらいです。

また、えなりかずきさんは、父親が社長で、母親がマネージャーをしている個人の会社です。

幼い頃から実の母親のマネジメントのもとで活動をしてきたのです。

今でも、関係はかわらないそうです。

しかし、えなりかずきさんは、ふたりの母親同士が不仲で困ってしまったようです。

2016年ごろから、「渡鬼」を降板させてほしいと願い出ていたほどだったといわれています。

降板するとは、大変なことですよね。

芸能界で仕事をしていく上でも危機的状況になることも覚悟していたのかもしれません。

しかし、まだ若いです。

少し出番を減らしても、関係が落ち着くまで、そっとしておいてあげたらどうでしょうか。

また、どちらの母親も、息子は30歳をすぎています。

子供のために子離れをしたほうがいいかもしれませんね。

まさか、橋田ファミリーの中で母親同士の確執がおこっていたとは、驚きましたね。

ドラマよりおもしろい理由でした。

えなりかずきさん、泉ピン子さんと会うと発疹がでるの?

泉ピン子さんといえば、主人公の五月です。

芸能界でも、最近は大御所の地位に近づきつつあります。

もとはコメディアンやレポーターから女優に転身しました。

そして、大成功したのは、ひとえに脚本家の橋田壽賀子先生に認められたことが大きいといわれています。

今では、橋田ファミリーのリーダー的存在として君臨しています。

しかし、えなりかずきさんは、会うと、発疹が出て、体の具合がおかしくなってしまうそうなのです。

どうやらひどい拒否反応があるようです。

本当の息子のようにかわいがってきたと思われてきたのですが、ふたりの間に何があったのでしょうか。

えなりかずきさん、渡鬼追放の危機ってホント?

橋田壽賀子先生がドラマの制作現場の内情を暴露したのには理由がありました。

週刊文春10月3日号で怒りを告白したのです。

報道よると、一緒のシーンで出演することを嫌がっているそうなのです。

つまり、共演はNGということです。

よほど嫌なようで、そのため、現在は親子のシーンをなくした脚本にせざるを得ない状況になっているようです。

しかし、橋田寿賀子先生としては、長年一緒にやってきた役者が共演NGをいい出したことに、大変怒っているようです。

また、脚本を親子の共演シーンなしのストーリーで書かなければなりません。

それでは、制約ができてしまいます。ふたりの共演は、2015年が最後だったのです。

ストーリーの不自然さは、もう数年前から続いていました。

視聴者もいよいよ気がついてきたようです。

2019年度のシリーズでは、息子は出張中ということになっていました。

それより、橋田寿賀子先生は、以前から、「嫌いな役者は、「作中で出張させたり、死なせたりします」と言っていました。

「渡鬼」の中で長期にどこかに出張に行ったままとか、ひどい場合には、亡くなったことにされてしまうのでしょうか。

橋田寿賀子先生の怒りが収まらなかったら、「渡鬼」からこのまま永久追放なんてこともあるかもしれません。

「渡鬼」の息子役がいなくなるような事態になってほしくはないですね。

以上、えなりかずきさんのリアル「渡鬼」についてまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました