鍵穴と鍵のメンテナンス

今回は鍵と錠のメンテナンスについてお話しようと思います。

実際マメに鍵のメンテナンスをしている人はそうそういないのではないでしょうか?

自分自身、ほとんどしたことがありません。。。ですが、長年使っていると鍵の抜き差しが硬い、鍵が回らない、鍵が引っかかる、鍵の回りが重い、レバーが下がったまま戻らない、内側のノブが取れてしまった、などなど。実際そういった声でお客様の元に向かうことは少なくありません。

また、間違った方法で症状が悪化してしまっている例もお話ししたいと思います。

鍵穴のメンテナンス

抜き差しがちょっと硬くなってきたな、鍵の回りが引っかかる、動きが重い、という症状になってきたときに、皆さんがまず思うのが「油を差さないと!」だと思います。それは正解です。しかし差す油を間違うと厄介なことになるので覚えておいてください。それと油を差す前に出来ればしていただきたいことがあります。鍵は玄関の外で沢山のホコリにさらされています。当然年々そのホコリも積み重なっていきます。すると鍵穴では鍵を差しても窮屈になり、回りづらいなどの症状が出たりします。また、同じマンションなのにウチだけ調子が悪いと言ったこともあります。当然シリンダー自体の個体差もありますが、階段近くで風が吹きつける場所だったりで場所も大きく影響します。

その辺の事情を知った上で、鍵を長持ちさせるためにも簡単にできるメンテナンスに挑戦してみましょう。

・まずは、ホコリ除去(これが一番大事)・シリンダー内の掃除

方法は簡単!まずは掃除機で吸うまたはエアダスターでホコリを吹き飛ばす。可能なら、シリンダーを外してやるとよりホコリを取り除けるでしょう。ここで注意!油を差してからですと当然ホコリが吹き飛ばないですので、先にほこりを出すことをお願いします。

さらに可能ならホコリを飛ばした後に」パーツクリーナーを鍵穴から吹き付けて内部の洗浄をしてください。こびりついた汚れが落ちるので効果大です。これは多少多めにかけても揮発性が高いのですぐに乾きます。

・鍵穴への注油

そして差す油ですが、一般的に一番出回っていて、知られているのがCRC(KURE556)ですよね。はい!ここ大事です!鍵穴にCRCは差さないでください!ドアの蝶番や、ケースの中身、生活一般のおおざっぱな場所には使ってよいのですが、精密な鍵穴にはこの油は適していません。粘度が強く、刺した瞬間は良いのですが、時間がたつとホコリと吸着して粘土状になり、差す前よりも余計に動きを悪くするといわれています。一昔前の鍵でしたら作りもおおざっぱで問題なかったのでしょうが、ここ最近の鍵はディンプルキーから始まりとても細かい作りになってきています。ですので、選ぶべきは鍵穴専用のもの、または粘度の低いさらさらした高級な油。自転車で使うお高い油などでもよいかもです。

鍵穴専用で白い粉を吹くスプレーがあるのですが、これは吹きすぎると中で白い粘土のように固まって余計症状を悪化させることがあります。よく調子の悪いというお客様宅に行ってシリンダーを分解するとびっちり白い粘土が中に詰まっていることがあります。

差しても差しても鍵の調子が良くならないのでどんどん差してしまうのでしょうね。これに限ったことではありませんがやりすぎは禁物です。注油は少しで十分です。まずはホコリを取り除く作業から始めましょう。

・子鍵自体のメンテナンス

次は差す側の鍵を掃除しましょう。ディンプルキーなどはぽつぽつ穴が開いているのでそこにゴミが付着したりなどしますので、こちらもパーツクリーナーでも構いません。パーツクリーナーはあまりなじみがないかもですが、ホームセンターへ行くと200円~300円ぐらいで買えるスプレー缶のものですが、1本あると便利かもしれません。車のダッシュボードにナビのために張り付けた両面テープの除去や、シールをはがした後のしつこいねばねばなどにも効果抜群です。いろいろな用途があるので調べてみてください。

そしてよく言われるのが、鉛筆の芯を粉にして鍵にまぶしてシリンダーに抜き差しすると動きが滑らかになるといいますので試してみてください。

鍵が曲がってしまいそのまま使っている人もいます、また落としてしまい先が潰れてしまい鍵穴に差しづらくなったりします。それらが原因でシリンダーに負荷がかかってしまい故障につながったり、折れてしまったりすることもあるので注意してみて下さい。

まとめ

シリンダーのメンテナンスは常日頃やるものではないと思うので、あれ?ちょっとおかしいなと思ったりしたときに試してみていただければと思います。

あと重要な注油の種類にも気を付けてくださいね。

<メンテナンス手順>

  1. シリンダー内のホコリを取り除く。
  2. パーツクリーナーで掃除。
  3. 少なめの注油。
  4. 鍵の掃除、鉛筆の芯をつぶして粉をまぶす。

これらを参考にお家の鍵穴を一度観察してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする