鍵のメンテナンス

鍵にメンテナンスが必要なのは知っていますか?

普段は当たり前に使っている鍵ですが、メンテナンスが必要なんて考えたことは無いという人は多いのではないでしょうか。

ましてや、実際に鍵のメンテナンスをしたことがある人はそうそういないのではないでしょうか。

普段、気にしないであろう鍵のメンテナンスについてまとめてみたいと思います。

また、間違った方法で症状が悪化してしまっている例もお話ししたいと思います。

鍵の状態や症状

鍵を長年使っていると、鍵の抜き差しが硬くなったり、鍵がスムーズに回らなくなったりしてきます。

鍵が引っかかったり、鍵の回りが重くなる症状も出てきます。

ドアのレバーが下がったまま戻らなくなったり、内側のドアノブが外れてしまうなどのことも出てきます。

鍵を長年使っていると、こういったさまざまな症状が出てきます。

極力このような症状が出てこないように定期的な手入れをすることをメンテナンスといっています。

鍵にいろいろな症状があらわれてきたときに、まず頭に浮かぶのが「油を差す」ことではないでしょうか。

油を差す対応は正解といえるでしょう。

ただし、油の差し方を間違ってしまうとあとで面倒で厄介なことになってしまいますので注意しておきたいですね。

また、油を差す前にしておきたいことがあるので、こちらも覚えておきたいですね。

鍵や鍵穴は玄関の外で沢山のホコリにさらされています。

年数が重なるとホコリも積み重なっていきます。

そうなると、鍵穴では鍵を差しても窮屈になり、回りづらいなどの症状が出たりします。

また、同じマンションなのにウチだけ調子が悪いと言ったこともあります。

それぞれのシリンダー自体の個体差もありますが、階段近くで風が吹きつける場所だったりで場所も大きく影響してくるようです。

鍵を長持ちさせるためにも簡単にできるメンテナンスの方法を見てみたいと思います。

メンテナンスについて

鍵のメンテナンスをする時に、まずやっておきたいことがあります。

それはホコリの除去とシリンダー内の掃除です。

ある意味でこの処理が一番大切といえるのではないでしょうか。

方法は簡単です。

まずは、掃除機でホコリを吸ったり、エアダスターでホコリを吹き飛ばすことをします。

そこで可能であれば、シリンダーを外してやるとより多くのホコリを取り除くことが可能になります。

ここで注意したいのは、先に油を差してしまうと、吹き飛ぶはずのホコリが吹き飛びませんので、必ず先にホコリを吹き飛ばしたりして除去することをしましょう。

さらに、可能ならホコリを飛ばした後にパーツクリーナーを鍵穴からシリンダーの内部に向けて吹き付けてシリンダーの内部の洗浄をするとさらに良いでしょう。

シリンダーの内部にこびりついたホコリや汚れがドンドン落ちるので効果は大きいです。

パーツクリーナーは、多少多めに吹きつけても揮発性が高いのですぐに乾きます。

鍵穴への注油

鍵穴の誇りを除去した後には、油をさしておきたいですね。

街のホームセンターなどに数多く出回っていて、よく知られているのがCRC(KURE556)ではないでしょうか。

ところが、鍵穴にCRC(KURE556)はささないことを憶えておいてくださいね。

ドアの蝶番や、ケースの中身、生活に関わるおおざっぱな場所には使って良いとされるCRC(KURE556)。

ところが、構造が精密な鍵穴にはこのCRC(KURE556)は適していません。

理由は、粘度が強いためCRC(KURE556)を注入した瞬間は良いのですが、時間がたつとホコリと吸着して粘土状になってしまうことがあるためです。

これでは、差す前よりも余計に動きを悪くしてしまうこともあるのです。

ひと昔前の鍵なら構造もそこまで精密ではなかったものもあるので、問題なかったともいえます。

最近の鍵はディンプルキーをはじめとして、とても細かい構造になってきています。注入する油を選ぶ時には鍵穴専用のもの、または粘度の低いさらさらした高級な油を選ぶようにしたいですね。

自転車用に使う油などでも良いかもしません。

鍵穴専用で白い粉を吹くスプレーがあるのですが、これは吹きすぎると中で白い粘土のように固まって余計に症状を悪化させることがあります。

できれば避けた方が良いかもしれませんね。

もし、さしてもさしても鍵の調子が良くならない時には油を確認してみることをおすすめします。

動きが良くならないから、追加でどんどん油をさしてしまうと逆効果になることがあります。

適正な油なら、少しの油で大丈夫です。

鍵の掃除について

つづいては、差す側の鍵そのものを掃除する方法についてお話しましょう。

ディンプルキーなどは細かい穴が開いているのでそこにゴミが付着しやすくなっています。

鍵の掃除もパーツクリーナーを使用して大丈夫です。

パーツクリーナーはあまり馴染みがないかもしれませんが、ホームセンターで200円~300円程度で購入可能なものです。

家庭用のほかの用途にもいろいろ使えるので、1本あると便利かもしれませんね。

車のダッシュボードにナビ向けに張り付けた両面テープの除去や、シールをはがした後のしつこいネバネバなどにも効果抜群です。

いろいろな用途があるので調べてみてください。

鉛筆の芯を粉にして鍵にまぶしてシリンダーに抜きさしすると動きが滑らかになるとも言われています。

試してみるのも良いかもしれません。

鍵が曲がってしまっても、そのまま使っている人もいますよね。

また、落としてしまって鍵の先が潰れてしまうと、鍵穴にさしづらくなったりします。

こういうことが原因でシリンダーに負荷がかかってしまって故障につながることもあります。折れてしまったりすることもあるので注意してみて下さい。

 

まとめ

鍵や鍵穴、そしてシリンダーのメンテナンスは、それほど頻繁にやるものではありません。

ただ、全くやらないと鍵設備の寿命を縮めたり故障の原因になってしまいます。

ちょっとおかしいなと思ったりしたときに試してみて頂ければ良いと思います。

重要な油の種類にも気をつけてくださいね。

メンテナンスの手順をまとめてみると次のようになります。

  1. シリンダー内のホコリを取り除く
  2. パーツクリーナーで掃除
  3. 少なめの注油
  4. 鍵の掃除、鉛筆の芯をつぶして粉をまぶす

この情報を参考にしてお家の鍵穴を一度観察してみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました