ケースとストライクについて

鍵に関係する設備の掃除はなかなか気がつきませんよね。

ましてや、鍵のケースやストライクというパーツの掃除についてはなおさらだと思います。

そこで、今回は鍵の設備のなかでもシリンダー側でなく、普段は目に見えないドアの内側の錠前と呼ばれる錠ケースの部分に焦点をあてて掃除やメンテナンスについてまとめてみたいと思います。

また、いつも鍵を使っている中で起きる故障への対処方法や気を付けたいポイントについてもお伝えします。

枠側についているストライク(受けの部分)についても触れていきましょう

古くなると錠前は壊れる

長い間モノを使用していて古くなると壊れていくのは自然ですよね。

鍵の場合の注意点としては、毎日使うドアノブや鍵の調子に違和感があると思ったら早めに対処することだといえます。

鍵を長年使っていると、錠ケースの内部は金属性の板バネ材やスプリングなどで組み立てられています。

鍵を繰り返し繰り返し使っている間に鍵を組み立てている部品に金属疲労が起きてくることも多くあります。

そこで、一番怖いのが、ラッチボルトと呼ばれる、仮締まりをしてくれる三角形のレバーハンドルを下げると動く部分の故障です。

ラッチボルトが故障すると、ラッチ部分が飛び出してしまいます。

レバーハンドルを下ろしても引っ込まなくなって、閉じ込められて出れなくなる状態になります。

特に室内のドアに使われているものは玄関で使われているものより簡易的に作られているので、壊れるのも早いことが多いといえます。

そして家の中で開け閉めが多い扉を思い浮かべてみてください。マンションだと、玄関から入り廊下を抜けてリビングに入るドア。

家族みんなが一日何度も使用するトイレなどのドアや鍵がよく壊れる傾向にあります。

そして、リビングに閉じ込められたり、トイレに閉じ込められてしまうということが多く起きるのです。

お風呂については、トイレほど頻繁に開け閉めはないですが、水回りで錆による故障は注意が必要だといえます。

お風呂が壊れてしまうと大変です。お風呂には裸でいますし、冬では寒いですし鍵が壊れてしまうと直るまで裸で過ごすので大変です。

家族がいれば、家族の方から鍵屋さんに連絡を入れてもらうことも可能です。

しかし、一人暮らしで閉じ込められたとしたら、電話もなく途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。

玄関に多いケースでは、デットボルトと呼ばれる、本締りをしてくれる四角形の鍵やサムターンを回した時に出てくる部分。

ラッチボルトが引っかかる枠側についているストライクと呼ばれるデットボルトやラッチボルトが収まる枠側についている部分とのおさまりが悪いことが多いようです。

ストライクに擦れてしまって開け閉めしにくくなります。

鍵が硬いだけでなくサムターンが硬い時にはこの問題が多いいようです。

この場合、錠前に負荷がかかるので早い故障につながります。

こんな時は早めに修理したほうが良いでしょう。

錠前とドアノブの両方の動きに問題はないかと気をつけたいですね。

何もなければ大丈夫だと思いますが、気になったときは早めの対応が大事といえます。

錠ケースのメンテ

錠ケースの内部にはノブの仕組み(仮締まり)と、ロックの仕組み(本締まり)があります。

このノブの仕組み(仮締まり)と、ロックの仕組み(本締まり)の両方が問題なく使えるからこそドアの開閉が行えるのです。

ところが、長い年月鍵を使っている間にレバーハンドルが下がったまま、戻らなくなったり鍵が重くなったりしてきたら要注意です。

まずは油をさして動きをスムーズにする必要があります。

ドアから錠前部分だけを取り外して油をさすことができればベストですが、ラッチの引っ込む隙間から油をさしても大丈夫です。

また、フロントプレートと呼ばれる、デットボルト(四角のカンヌキ)とラッチボルト(仮締まりの三角の部分)がある位置にあるステンレスのプレートを外してビス穴等から油をさすことでも大丈夫です。

この時に使用する油はCRC(KURE556)なども使用可能です。

レバーハンドルが戻らない場合は、レバーハンドルの根元に芋ビスがありますので、その部分を少し緩めて、隙間を作ることでスムーズに動くようになる時があります。

それでも直らない場合は、錠ケースのバネが弱まっていたり、ケース本体に原因があると思われるので、専門の鍵屋さんを呼んで修理依頼することをおススメします。

ストライクのメンテ

ストライクにデットやラッチが擦れてしまい放っておくと錠ケースの故障につながることもありますがストライクの中には調整が可能なものもあります。

その場合は、ストライクのビスを緩めると前後に微調節できる場合があるので、これによって改善できることもあります。

ドアノブのメンテ

部屋の内側のドアノブが外れてしまうこともあります。

握り玉タイプのインテグラル錠の場合はドアノブを締めこむだけですので、使っている間に緩んできて、ポロっと落ちてしまうことがあります。

このように、落ちてしまうことを避けるためにも、ドアノブが緩んでグラグラしていることに気づいたら締めなおしてみると良いでしょう。

ねじ込みは閉まっているけどドアノブがグラグラすることがあります。

これは、ねじ込みを外した中の裏板についているビスが緩むことによっておこるものです。

この状態になったら、ねじ込んであるドアノブを緩めて外して、緩んでる2本のビスを締めます。その上で、ドアノブを締めこめば元通りに戻ります。

レバーハンドルが下がったまま戻らない場合は、ラッチボルトの隙間から油をさすか、根元の固定ビスを緩めてレバーハンドルを少し外側にズラすと、遊びスペースが出来てレバーが戻るようになるでしょう。

それでも戻らない場合は、専門家に依頼することをおススメします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました