新生デジタル

最近の鍵は多種多様になってきて、以前とはずいぶん変わりましたよね。

暗証番号式、カードキー式、指紋認証式、リモコン式、非接触キーなど最新型の鍵がドンドン一般家庭向けにも使われだしていますよね。

そこで、新生デジタルという電子錠についてまとめてみたいと思います。

この新生デジタルは、暗証番号式、カードキー式、リモコン式、鍵の4種類の鍵の方式を採用している優れモノなのです。

まさに時代の最先端の電子錠といえる新生デジタルについて詳しく触れてみたいと思います。

新生デジタルとは?

新生デジタルという電子錠があるといっても、なかなか聞いたことがあったり知っている人は少ないのはないでしょうか。

最近増えてきた電子錠のなかでも認知度はまだまだ高くはないようです。

認知度は高くはありませんが、電子錠の中でも機能的にはオススメできるモノといえるでしょう。

デジタルに取り付けが可能なシリンダーはMIWA製のLA、LSPタイプ、GOALのLX、LG、LD、HDタイプになります。

これ以外のシリンダーには取り付けることができないので、事前に確認をしておきたいですね。

ドアに穴を開けることなく取り付けられるシリンダーのタイプは基本的に限られているのです。

新築の住宅に取り付ける電子錠は、最初からドアノブと一緒になっているハウスメーカー仕様が多いようです。

そのカギにスマホと連動する機能が付いていて、スマホによる自動解錠施錠が可能なタイプもありますね。

新生デジタルは、スマホ連動ではありませんが、後付け可能な電子錠の中でも便利で快適に使える製品です。

ドアに穴を開けたり加工したりする必要ないものの中ではオススメの電子錠といえるでしょう。

製品の特徴について

新生デジタルのデザインや外側の形状は、シリンダーを少し大きくしたぐらいの楕円形です。寸法も60×88mmになっていて簡単な電子錠です。

色はシルバーとゴールドの2種類です。

室内側には68×128mmの縦長の本体ケースが付いています。

新生デジタルの最大の特徴は解錠方法にあります。

新生デジタルには4つの解錠方法が備えられています。

カードによる解錠、暗証番号による解錠、リモコンによる解錠(オプションリモコン付き)、鍵による解錠(シリンダーがキャップを外すと中から出てきます)の4つの解錠方法です。

暗証番号での解錠について説明します。

表にはテンキーが無く、窓が1つありデジタルの数字が表示されるようになっています。

これで暗証番号であけられるのかな?と思いますが、繰り返し番号を押して表示させて解錠できます。

ちょっと不便ですが、基本いつもはカードかリモコンがメインとなります。

暗証番号は鍵を失くさないためにも、子供向けにも重宝します。

カードでの解錠は、フェリカとマイフェアの両方が使えるのでSUICA、PASMO、TASPO などいろいろなカードを使うことができるのです。

カードを失くした場合、失くした一枚だけ登録から外すことができるので他のカードは安心して使い続けることができて心配いりません。

リモコンでの解錠は、家の中からでもリモコン操作で対応可能なのでとても便利です。

3階建て戸建て住宅の場合、2階にリビングがあり来客がある場合には2階からリモコンを操作するだけで解錠が可能となります。

従来のように、インターホンで「どうぞー」と言って、1階にある玄関まで降りていかなくても解錠が可能です。

リモコンの電波は、室内で7メートルまで飛ぶので、普通の住宅では問題ないでしょう(鉄筋や環境によって距離が縮まる事はあります)。

外出から戻った時もリモコンが便利なのでカードよりもリモコンを使用する人にはいいですね。

鍵による解錠も普通にできます。電子錠表面の本体にあるキャップ部分を外すと鍵穴が隠れています。

そこから鍵で開けることもできます。

便利なオートロック機能

オートロック機能も標準機能としてついています。この機能は、電子錠のほとんどの機種についている機能です。

オートロック機能で、ドアが閉まるとマグネットが反応して施錠される仕組みです。

いろいろな場面で、この機能は非常にありがたい機能です。

閉め忘れやウル憶え、そして鍵を閉めたかどうかの迷いがなくなりストレスがありません。

このタイプは電池によって動くので、1年に1回は電池の交換が必要になります。

電池が減ってくると音声で案内があります。

もし電池がなくなってしまい家に入れないときは9Vの四角い電池を外側のケース表面のプラスマイナスに当てると起動してカードキーで解錠することができます。

まとめ

以上、電子錠の新生デジタルについてまとめてみました。

4つの解錠方法があるなんて便利ですよね。

生活のいろいろなシーン別に鍵の使い方を選べるなんて嬉しいですよね。

しかも、オートロック機能で閉め忘れを防いでくれるので安心ではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました