最新電子錠の紹介〈スマートアシュリ+F〉

前回に引き続き電池式の電子錠を紹介していきます。もう結構一般的になってきているのでしょうか?コストコでも穴あけ加工なしの電子錠が売られていました。

前回紹介した新生デジタルは、だいぶ以前からある商品ですが、今回は最近発売された新しい機種で、自分も扱ったことはありません。穴あけなしにシリンダー交換で指紋認証までついているというので取り上げてみようかと思います。

お勧めの電子錠

・安田株式会社 Smart-Ashley+F スマートアシュリ+エフ(フィンガー)指紋認証付き

対応錠前:MIWA製 LA、LSP  GOAL製 LX、TX

対応扉厚:33~55mm

対応バックセット:38・51・64mm

上の条件を満たしているものにしか取り付けは出来ないので、それ以外の場合は穴あけを検討するか、別の手段を考えましょう。

スマートアシュリ+エフという製品はネットで検索すると指紋認証がついていないモデルが出てくるのが殆どで、まだ指紋認証の機能がついているタイプは見つけることができません。エフというのはフィンガーのエフですかね。まだまだ最新商品です。このスマートアシュリ+エフは欲張り機能なので表側のボディーは結構大きいです。(73×209mm)その中に1、カードを読むセンサー。2、暗証番号用のテンキー。3、指紋を読むセンサー。4、スマホからの操作機能。がついています。

一般家庭ではどんな使い方をするのでしょうか?指紋があったらやっぱり指紋がメインになりそうですよね?何も持たなくてよいのは暗証番号も一緒ですが、番号を打つ手間が省けますしね。カードはやはり鍵と同じで持たなくてはいけないので、失くしたときはどうしよう?などの心配もありますしね。いずれにしても手段が多いというのは良いということで、あとは使う人が使いたいように使えばよいと思います。

値段も結構いいお値段ですので、賃貸で穴はあけられないけどどうしても指紋認証にしたいという人には、待ってましたという鍵ではないでしょうか?

電子錠の機能

・指紋認証機能

電源が入るセンサー部にタッチして指紋センサーに触れると解錠します。指紋センサーは新型スリムタイプを搭載とあります。登録指本数は200本。これだけ登録できれば会社などでもいけるかも。でも出入りが多いい所ではモーターが心配かも・・・

・非接触カード機能

フェリカ、マイフェアが利用可能、フェリカの規格はスイカやパスモ、マイフェアの規格はタスポなどです。電源が入る場所を触り、カードを近づけると解錠します。カードを紛失した場合はそのカードだけ使えなく出来るので安心です。

・暗証番号機能

好きな番号を登録しての解錠。さらにBluetoothを利用してワンタイムキーの使用が可能。これは賃貸の内覧などでその時のみの解錠番号が与えられて入室できるようなサービスです。

・アプリ機能

スマホのアプリを使って解錠ができます。今時ですね。やはり機能盛り込みすぎですね。

・入退室管理

会社とかで何時に入室、退室などのログを取れる機能です。機能満載。

・オートロック機能

私が一番大事に思う機能。やはり閉め忘れがなく生活できることが一番大事に思っているので、どんな機能よりもありがたいですね。

まとめ

お値段もそれなりにお高いのでなかなか手が出ないような気が・・・難しいかなと、思ってしまいます。が、可能ならぜひとも取り付けてみて欲しい一品です。ワンタイム機能などもあるので賃貸物件などで普及できれば良いと思います。

入室管理等は会社で役立つ機能なのでそういった場所でも使われていけばよいと思いますが、モーターの耐久性がちょっと心配です。

こういった電子錠の取り付けが増えていくことによって無施錠による空き巣の被害も必然的に減っていくと思うので、どんどん普通にコストコで買ったりして普及していって欲しいものです。値段もピンキリですので、いろいろ調べてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする