SixTONES(stones)のメンバーカラーやランキング!②

芸能

2020年1月にデビューが決まっているSixTONES(stones)

その人気はすでに有名で盛り上がっています。

「正統派の王道アイドル」というよりは「セクシーでアウトローな雰囲気を持ったアイドル」という印象のSixTONES(stones)

そのSixTONES(stones)メンバーカラーランキングについて触れてみたいと思います。

スポンサーリンク




SixTONESの好きなところや魅力!

ワイルドでセクシーなパフォーマンスと、男子高校生みたいなトークとのギャップが魅力的なグループです。

ジャニーズといえばHey!Say!JUMP、SexyZone、King & Princeなど。

王道キラキラ系をイメージする人が多いと思いますが、SixTONESはあえて邪道を進む、ギラギラとしたかっこよさがあります。

また、SixTONESは新しいことに挑戦することに積極的であり、さまざまな「初」を獲得してきました。

例えば、ジャニーズジュニアとしては初めてデビュー前に『an・an』の表紙に登場し、発売翌日に重版。また二度目の登場でも重版が決まりました。

デビュー前のグループが二度表紙を飾り、またどちらも重版になったのは『an・an』の歴史上初めてのことです。

2018年のYouTube Fan Fest、2019年の関西コレクション出演など、ジュニアでは初めてフェスにも参加しています。

そして昨年、YouTubeにジャニーズジュニアのチャンネルを持ち、5グループ内で圧倒的な再生回数を誇りました。

2018年の『YouTube アーティストプロモキャンペーン』では日本人のアーティストとして初めて抜擢していただきました。

デジタル化を進めてきたジャニーズの代表として『ジャニーズをデジタルに放つ新世代』というキャッチコピーで大々的に取り上げていただきました。

SixTONESはまず、SixTONESとしての魅せ方がとても上手いです。

ライブでパフォーマンスするときはライブ映えにこだわり、テレビでパフォーマンスするときはカメラ写りにこだわっています。

なので、特にライブではまばたきしたくないと思うくらい、目が6つ欲しいと思うくらい、一瞬も目が離せない魅力的なパフォーマンスをしています。

また、先輩グループのカバーをするときも曲の先入観にとらわれずに全く違う魅せ方ができる発想力が本当にすごいです。

次に、メンバー全員10年以上のジュニア歴があるため、メンバー同士の関係性が深いところも魅力です。

ベタベタ絡むことはあまりないのですが、言葉や態度の節々から信頼関係がにじみ出ていて、そんな関係性に憧れさえ持ちます。

グループとしての歴史を重ねていくにつれて一緒に過ごす時間も長くなり、「もともと仲良かったけど、今はものすごく仲良くなった」とメンバーが自身が話すほどです。

そんな彼らなのでトークのテンポも抜群におもしろいです。

元気がないときにも彼らが楽しそうに話している姿を見ると口元が緩むし、転がりながら大笑いしてる彼らと一緒に大笑いすると本当に元気が出ます。

そしてSixTONESは、オラオラしたかっこいい雰囲気なので近寄りがたく感じるかもしれませんが、ファンの目線に立ち、いつでも寄り添ってくれるグループです。

ファンの声をしっかり聞いて、受け止め、安心できるような言葉を適切なタイミングで必ず伝えてくれます。

そうやってファンに接してくれるので、メンバーとファンの間には確かな信頼関係があります。

「応援していてよかった」といつも思わせてくれるグループです。

SixTONESの各メンバーの特技、身長、メンバーカラー!

それでは、SixTONESのメンバーのメンバーカラー、特技や身長を含めたプロフィールについて触れてみたいと思います。

  • ○ジェシー
  • ・生年月日:1996年6月11日
  • ・出身:東京都
  • ・身体:184cm
  • ・メンバーカラー:赤
  • ・ニックネーム:ジェシー
  • ・存在感抜群のSixTONESのセンター。

やわらかいビブラートが美しく、なんでも歌いこなせる高い歌唱力がある。

・身長184cm、股下は92cmという、スタイルの良さを生かしてモデルとしても活躍。彼の身体の半分は脚。

・パフォーマンスしているときのオーラとトークしているときのギャップが一番激しいメンバー。笑い声は「AHAHAHA!!!」。

  • ○京本 大我(きょうもと たいが)
  • ・生年月日:1994年12月3日
  • ・出身:東京都
  • ・身体:174cm
  • ・メンバーカラー:ピンク
  • ・ニックネーム:きょも

・高い歌唱力を活かしてミュージカル舞台でも活躍しており、『エリザベート』では皇太子ルドルフ役を3度演じている。

来年春には主演ミュージカル『ニュージーズ』を控える。

・お父様は俳優の京本政樹さん。お父様譲りの麗しくも儚い美貌を持っていらっしゃる。

・おしゃべりモンスターと称されるおしゃべり大好きなSixTONESのなかでは割と控えめだが、無邪気で天然さのあるトークがとても可愛らしい。

  • ○松村 北斗(まつむら ほくと)
  • ・生年月日:1995年6月18日
  • ・出身:静岡県
  • ・身長:177cm
  • ・メンバーカラー:黒
  • ・ニックネーム:北斗

・雑誌『ViVi』での国宝級イケメンではNEXT部門では1位に輝いた、今抑えておくべき塩顔イケメン。
・俳優としても活躍。2019年春のドラマ『パーフェクト・ワールド』では義足の青年役を好演し、注目を集めた。また、来春もドラマ『10の秘密』で話の鍵を握るピアニスト役を演じる。
・「色気担当」とメンバーから言われる通り、色気のあるパフォーマンスも魅力。露骨なことはしていないのに彼の周りに色気が漂っている。

  • ○髙地 優吾(こうち ゆうご)
  • ・生年月日:1994年3月8日
  • ・出身:神奈川県
  • ・身長:175cm
  • ・メンバーカラー:黄色
  • ・ニックネーム:こーち

・ギラギラオラオラしたSixTONESのなかで、ピースフルな笑顔が魅力の親近感を持てるメンバー。

・事務所に入所するきっかけにもなった番組『スクール革命』で10年レギュラーを務めているため、バラエティー能力が抜群。

・いじられキャラでもあるが、メンバーは彼を精神的支柱にしているので、そのいじりにも髙地への愛が滲み出ている。

  • ○森本 慎太郎(もりもと しんたろう)
  • ・生年月日:1997年7月15日
  • ・出身:神奈川県
  • ・身長:175cm
  • ・メンバーカラー:緑
  • ・ニックネーム:慎太郎、慎ちゃん

・最年少であり、無邪気に自由なボケでメンバーをかき乱している。

生き生きとしたその姿はYouTubeのオフィシャルチャンネルで見ることができる。

ジェシーと二人で一緒にボケている姿は兄弟のようで微笑ましい。

・運動神経抜群のリズム感抜群なダンス隊長・アクロ隊長。逞しい身体でガシガシ踊る姿は見応えがある。

また、サラッと急にアクロバットを決めるので目が離せない。

  • ○田中 樹(たなか じゅり)
  • ・生年月日:1995年6月15日
  • ・出身:千葉県
  • ・身長:175cm
  • ・メンバーカラー:青
  • ・ニックネーム:樹

・SixTONESの楽曲に欠かせない、ラップを担当。

自作でソロ曲も制作しており、ジャニーズラップの枠を超えたクオリティーの高さ。

高速でも噛むことなく、ラップに抜群に合う声質も聴いていて気持ちがいい。

・個性豊かなSixTONESのメンバーとファンをまとめ上げる、司令塔的存在。

主にMCを務め、ボケたがりなメンバーをツッコミながらも自分も隙を見てボケを入れ込むという頭の回転の速さがすごい。

人気メンバーとベスト5はだれ?

ここでは、独断で選んだメンバーのベスト5について触れてみたいと思います。

私の推しは松村北斗くんです。

彼のパフォーマンスの美しさや独特な世界観に心惹かれます。

歌、ダンス、演技、どれに対しても「表現者」としてこだわり抜いている姿勢を感じられます。

『東海ウォーカー』ではエッセイの連載を持っているのですが、その文章から彼の世界観に触れては惚れ直しています。定期購読しているので、自宅に届くのを毎月楽しみにしています。

また、クールな顔立ちがかっこいいのですが、メンバーと楽しそうに笑っている姿は柴犬のようでとてもかわいいのです。

入所以来、彼のファンをしてきたのですが、常に最高を更新してくれる、とても魅力的なアイドルです。

ベスト5は、SixTONES全員大好きなので決められません。

SixTONESのファンは誰か一人特別に好きな人がいても、他の5人も大好きな、いわゆる「箱推し」が多いと思います。

それはメンバー同士が幼馴染のように関係が深かったり、仲が良かったりすることからだと思います。

SixTONESのメンバー人気順!

ここでは、SixTONESのメンバー人気順を独断でランキングしてみたいと思います。

あまり大きな差はないのですが、ライブで見るペンライトの色の多さでは、松村・田中→京本・ジェシー→髙地・森本という印象です。

松村北斗は特に「グループを好きになる入り口になりたい」と話しているように、SixTONESを好きになるきっかけとなるメンバーです。

なので、好きになったばかりのファンも含めて人気が高いです。

はじめに松村・田中に興味を持ち、SixTONESについて知るうちに徐々に他のメンバーへとファンが分かれるというサイクルを繰り返し、結果的にはほぼ平等な人気順となるイメージです。

歌番組などでファン以外の方の目にとまりやすいのは、歌の上手い京本・センターのジェシー・ドラマ出演の多い松村が多い印象です。

SixTONESはできるだけ髪型髪色を被らないようにしているので、初めて見た方も覚えやすいと思います。

SixTONESはデビュー前のグループに珍しく男性ファンも多いのですが、男性ファンは髙地・田中・ジェシー・森本に特に多い印象です。

男が憧れるような男っぽさや、男友達のような身近さが魅力であり、それが要因だと思います。



SixTONESのデビューについて!

今年の8月8日、東京ドームにてSixTONESのデビューが発表されました。

同じくジャニーズジュニア内のグループである、SnowManとともに、2020年1月22日にジャニーズ初の同時デビューをします。

SnowManとは舞台『少年たち』などで長年ともに切磋琢磨してきた仲間であり、ライバルでもあります。

レーベルの境を越えて、お互いのデビュー曲を収録するというリリース方法で話題となりました。

また、SixTONESのデビュー曲『Imitation Rain』はX JAPANのYOSHIKIさんにプロデュースしていただきました。

ミディアムロックの曲調で、SixTONESの高い歌唱力とアーティスティックな雰囲気を存分に発揮し、ジャニーズファン以外からも高い評価を得ています。

Twitterで大変話題となった結果、CDリリース前にも関わらず、ビルボードSNS集計部門では1位を何度も獲得しています。

また、12月25日にMVの一部をYouTubeのアーティストチャンネルで公開したところ公開から19時間で100万回を突破しました。現在は200万回を突破したのですが、その勢いは衰えません。

以上、SixTONES(stones)のメンバーカラーやランキングについて。

そして、SixTONES(stones)の魅力やデビューについて触れてきました。

SixTONES(stones)を知るための参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました