池江瑠花子となべおさみの現在の関係は?白血病からの復活Vは手かざし療法のおかげ?

未分類

競泳女子の池江瑠花子選手は、女子100メートルバタフライの決勝で優勝し、東京オリンピックのメドレーリレーの代表に内定しました。

白血病での長い闘病生活を送り、病気を克服しての復活Vとなりました。

現在、水泳競技ができるほど回復したのは、タレントのなべおさみさんが関係しているのでしょうか。

以前になべおさみさんの手かざしによる民間療法を受けているのではないかという報道がありましたね。

復活Vは、なべおさみさんの手かざし療法のおかげなのか気になりますね。

現在の関係はどうなっているのでしょうか。

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク




池江瑠花子となべおさみの現在の関係は?

日本が誇る天才スイマー、池江瑠花子選手。

なぜかタレントのなべおさみさんとの関係が取りざたされるようになったのは、2019年9月のことでした。

お互いに全く違う世界で活躍しており、なべおさみさんは現在81歳で、21歳の池江瑠花子選手とは年齢差も60歳もちがいます。

でも、おじいちゃんと孫のような関係だったわけではありませんでした

なべおさみさんは、もともとコメディアン俳優やタレントでしたが、声優や作家など多方面で活躍されている芸能人になります。

最近テレビ出演は少なくなりましたが、自身がおこなう民間療法で有名になっていました。

池江瑠花子選手にも施術をしているのではないかという週刊誌の報道が相次ぎました

白血病で入院していたときは、なべおさみさんが病室まで行き施術をしていたといわれています。

そして、8月に退院したあとは週に数回も、世田谷区にあるなべおさみさんの自宅を訪れていたそうです。

かなりの頻度で自宅を訪問していたようですね。

なべおさみさんのことを信頼していたのだと思います。

2021年の4月現在もなべおさみさんと関係が続いているのかは確認できませんでした。

しかし、池江瑠花子選手は、少なくとも2021年1月まで関係があったことが確認されています。

所属事務所によれは、なべおさみさんとの関係はあくまでもプライベートな交流とのことでした。

どうして、そんなに関係が注目されているかというと、なべおさみさんがおこなう施術は独特な方法だからです。

スピリチュアルな民間療法ともいわれているようです。

 

白血病からの復活Vは手かざし療法のおかげ?

池江瑠花子選手は白血病を克服し、短期間で復活Vを成し遂げました。

多くの人たちに感動を与えましたね。

ジュニアの頃から活躍し東京オリンピックでは金メダルが期待されていた逸材でした。

しかし、2019年2月白血病であることを公表しました。

そして、水泳競技からは離れ治療に専念することになりました。

抗がん剤などを使った白血病の治療は想像以上に、大変なでつらいものでした。

また3歳年上の兄の骨髄を移植する治療を受けたようです。

治療の効果があったようで徐々に回復する姿をみせてくれました。

そんな池江瑠花子選手を応援する声も絶えませんでした。

そして、2020年3月には、プールに入れるほど体調は回復してきました。

そして、1年あまりで競技に参加し奇跡的な復活Vを見せてくれました。

この白血病からの復活Vはなべおさみさんの施術によるものなのでしょうか。

なべおさみさんがおこなうとされる施術は、手かざし療法といわれるもののようです。

もともと、なべおさみさんは不思議な気のパワーを持っているそうです。

自身の待つ気やパワーを使かい、「がん」などの難病を患った人たちを救ってきたそうです。

まず相手に手をかざし、体に語りかけることだそうです。

そして、病気の気を自分の体に移すそうです。

本当にそんなことが可能なのか不思議ですが、体験した人でなければわからないのかもしれません。

そうして相手の体調は回復しますが、なべおさみさん自身は病気の気を受け持ってしまいます。

そのため、しばらくの間は大変苦しむことになるそうです。

だから、なべおさみさん自身も何度かがんの告知を受けているそうです。

しかし、なべおさみさんユーチューブを見るとお元気そうです。

81歳にしてスクワット81回をこなしています。

本当に不思議な力をもつ人なのかもしれません。

なべおさみさんの著書によると、あの王貞治さんも助けたことがあったそうです。

王貞治さんは、2006年に胃がんのために全摘手術を受けていますね。

年齢的にも病状が心配されました。

でも、2020年年末には菅首相とステーキ会食をしていたことが話題になりましたね。

6万円のステーキを食べられるほど、胃がんから回復をして元気になったようです。

王貞治さんのそのほかにも名前は出せませんが多くの著名人を助けてきたそうです。

そうなると、密かになべおさみさんに見てもらいたい人たちは多くいるのかもしれません。

手かざし療法をしてもらうのは、なかなかむずかしいのかもしれません。

費用もいったいどのくらいかかるのかはわかっていません。

それでも費用がいくらかかっても見てもらいたい人はいるのでしょう。

本当に効果があったかどうかは、本人でなければわかりません。

それでも白血病の闘病生活中に必要で、元気になるきっかけの1つになっていたら、よかったことだったのではないかと思います。

もちろん、池江瑠花子選手は民間療法だけではなく、医療機関で白血病専門の治療も受けていました。

それでも医療関係者によると、退院後に1年余でトップアスリートの域まで回復するのは極めてめずらしいことだそうです。

もとから身体能力や体力も高かったのかもしれません。

そして、周囲の支援も大きかったのでしょう。

それでも早期の回復には本人の精神力と努力の力は大きかったはずですね。

そんな池江瑠花子選手の姿は日本中の人たちが励みになりそうですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました